FC2ブログ
Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

ワッフルメーカーで焼きたてを♪ 

お盆休み…というお家も多いことでしょう〜。

でも、我が家は連休というわけでは平常通り…。
とはいえ、なんだか楽しめないのも…と思うので、週末はより休日らしくお家タイムを楽しみました♪

2018081409313561a.jpeg


ワッフルメーカーで焼きたてワッフルを食べよう〜と♪
こういうフードってなんとなく休日のイメージが(笑)。

20180814093126d93.jpeg


ミックスベリーのフルーツのトッピングに、ディンブラで作った紅茶シロップをたっぷりとかけてね(^^)
ここは紅茶教室っぽく♪
実はシロップも簡単に作れてしまうのですよ。

アドバンスドの紅茶のアレンジ〜アイスティー〜のレッスンで紹介しているガムシロップの応用編ですので、ぜひにチャレンジを〜。

とこんなちょっとしたひと時でご機嫌になれてしまうのでした🎶
[ 2018/08/14 09:56 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴシックリヴァイバルだらけのサロン♪ 

英国建築で建てられているCha Teaのサロン♪

建てる際には、たくさんの英国住宅を見ていたみどり先生の英国の家のイメージや、英国のインテリア本などを参考にしながら、コッツワールド の小尾社長のご意見もプラスして、打ち合わせしながら少しずつデザインがなされていきました(^ ^)

そして、今回のマスタークラスのゴシックリヴァイバルのレッスンを通してサロンのインテリアを見回して見ると…。

なんとゴシックリヴァイバルだらけではないですか〜と‼︎

中世の教会建築、ゴシック建築をもう一度再興させようと、19世紀のヴィクトリア時代に再流行したのがゴシックリヴァイバル。

201808122335226a4.jpeg


一階の床一面に広がるヴィクトリアンフロアタイルを筆頭に…!

修道女が修道院に持っていける家具として重宝されたモンクスベンチ。
こちらはテーブルにもベンチにも収納にもなるという一つで三役♪
サロンでも、もちろんいろいろなバージョンで大活躍です。

201808122335290f4.jpeg


そして階段にはめ込まれたタイルの数々。
こちらはまさにゴシックリヴァイバルの際にタイル装飾に力を注いだミントン社のもの。

またこのタイル装飾に使用されている色にも深ーい意味があることも…。
今まで以上にデザインもチェックしてしまいます。

201808122335169c9.jpeg


またお化粧室の床もヴィクトリアンフロアタイル。
そして壁の模様にもポインテッド(尖った)アーチが描かれているのです。

こうしたアーチは、まさに教会の窓や扉、天井などに良く使われたデザインでゴシックの特徴そのもの♪

20180812233507b43.jpeg


二階のダイニングルームのパネリングの壁もまさに中世の復活♪

そして十字なのもポイント。と、いろいろと気づくたびにビックリ。

ほかにもダイニングの天井や家具、玄関扉のステンドグラスなどなど…。
ここにもゴシックリヴァイバルが〜と(笑)。

いやいや、改めて見るとサロン内はお宝、建物自体がレッスンの資料だらけなっているのですよ。

これを自然に選んでいたみどり先生は、やはりゴシックリヴァイバル時代に生きていたに違いないと思ってしまいます♪

なぜにこうしたインテリア、建築が登場し流行したのか…。時代背景がわかって見ると、より興味深いものがあります。
ぜひ、一つ一つの意味なども含めて、これからのレッスンを通して学んでいっていただけたら嬉しいです♪

きっとサロンを見る目が変わるはずです(^ ^)
[ 2018/08/12 23:38 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索