FC2ブログ
Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

我が家のブルーの世界 

サロンのブルーの世界とは別に我が家のブルーの世界をご紹介♪
サロンでは、陶磁器のブルーの世界が主になっていますが、我が家はガラスでのブルーの世界が多いですね。
IMG_2612.jpg IMG_2611.jpg IMG_2613.jpg
IMG_2606.jpg IMG_2609.jpg
昔から、ガラスのブルーの色合いが好きだったのです♪凝り性なところは、今とも変わらなかったので、お部屋の中がブルーのガラスばかりになっていたことも・・・。
父から「お店でもやるのか?」と言われたことを思い出しました(笑)。今では、だいぶ整理されましたけどね・・・。

そして、アンティークプリント画の中にもブルーの衣装を着た女の子を発見!!
絵の中に使われる青の顔料にも、磁器の色付けにも使われるラピスラズリという貴重な鉱石が使われていたため、「青の衣装」は、昔は高貴な方の衣装にしか使われなかったのだとか・・・。マリア様のマントが青色で描かれるのも、こうしたことから由来しているそうです。
オランダの画家として有名なフェルメールの絵の中にもこのこの青色がふんだんに使われてウルトラマリンブルー、フェルメールブルーなどと称されています。
フェルメールが亡くなったとき、多額の借金があったのは、このためだとか・・・。

このアンティークプリント画の女の子も肖像画として描かれているくらいなので、高貴な家柄のお嬢様なのでしょうね。だからこそ、ブルーの衣装を身にまとって描いてもらったのではないかしら?
なんて、勝手に想像してみたりして(笑)。
ブルーの由来から、またこうした新たな発見がありニンマリです♪
関連記事
[ 2009/01/28 09:00 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索