FC2ブログ
Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

バラエティ豊かなロイヤルドルトン♪ 

英国の陶磁器窯ロイヤルドルトン♪

食器がお好きな方は、テーブルウェアを持っていらいらっしゃる方もいるはず。
私も紅茶をお勉強してから知り、我が家にも数点。

でも…。
こちらの歴史を知ると、テーブルウェアだけではなく建築資材、ガーデン資材としての煉瓦や水道管、洗面台などの衛生陶器など産業部門のアイテムの製作からスタートしたと。

はたまた浄水器まで。
なんとヴィクトリア女王にも推奨されたとか。
現在でも製作中〜としり、欲しい〜とただいま夫にプレゼン中〜(笑)。

20190612092012754.jpeg


創業者のジョンドルトン(右側)、息子(左側)。
彼らの功績ははかりしれない。

ドルトン の建築資材は、明治維新の際に西洋化を目指した日本にも入ってきているので、今まで訪れてきた洋館の何処にも使われていたかもしれないのよね…。
またこれからも、そうした視点で大好きな洋館めぐりをするのも楽しいわよね〜。

20190612091956726.jpeg


「トビージョッキシリーズ」というこんな不思議なジョッキも。

トビーとは、ディケンズの小説のなかに登場してくる労働者。ディケンズのお話には貧しい労働者が多いのですが、まさにトビーはその代表でもあるかも。

こちらのシリーズは、ほかにも宝島、ロビンソンクルーソーなどイギリスの小説の登場人物が多数モデルになっています。

ドルトンは、それだけ大衆のなかにもとけこんだ作品も製作しているのですよね。

2019061209200433d.jpeg


なんとメアリーポピンズのなかの風船売りのおばさんも。

トラバースのお話には、ご自分が持っていたものも描かれているとも言われているのですよ。

ご自宅がロンドンにあったドルトン 窯と近かったこともあるので、きっとドルトンも身近だったに違いない…と思うので、作品からオマージュを受けて物語に影響を与えたのかと思うと、また物語を読むのも楽しいですよねー。

メアリーポピンズは、いろいろなシリーズがあるので、また物語から宝探しを楽しむ感覚で読み直しもしてみようと思います🎶

またヴィクトリア朝の映画やドラマのなかにもドルトン の息吹を感じることができるはず🎶

ドルトン のおかげで、新たなヴィクトリア朝のお勉強ができそうでワクワクしてます😆
関連記事
[ 2019/06/11 23:19 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索