Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

美しきマイセン磁器♪ 

テーブルウェアフェスティバルにて、たくさんの食器、アンティークたちを愛でて参りましたが、ChaTeaのサロンもとーっても素敵な空間になっているのですよ〜。

なんとドイツのマイセン窯尽くしなのです♪



マイセン窯の歴史を年表をもとに実際に作品も紹介しながら愛でつつと贅沢なレッスンが開催中〜。

なのであわせて、サロンには秘蔵っ子たちが♪



西洋で初めて磁器の焼成に成功したマイセン。300年の月日が経ってもその歴史に恥じない素晴らしい作品作りを続けています。

昔は、マイセンというと天使やローズのようなロココの作品に目がいったものですが、他にも眼を見張る作品も多々。



こうしたシノワズリーテイストの作品も圧巻ですよね。

時代と共に、また作品作りに携わる人物と共に受け継がれている歴史は、本当に魅力溢れるストーリーが満載です(*^^*)



ヨハン・フリードリヒ・ベッドガー。
彼なくしてマイセンは語れません…。
額装された陶板のなかから、まだなにかいいたたげといった表情ですね…。



きっとお話を聞く前と聞いた後では、作品への感じ方も変わるはず。

ぜひ、サロンに飾ってある子たちをたっぷりと鑑賞していただけたら嬉しいです。

そして見るだけではなく、実際に使って愛でるというお楽しみもありますので、こちらも乞うご期待。

期間限定の見て使って楽しめるプチマイセンミュージアムの世界、ご一緒に満喫しましょう〜(*^^*)
関連記事
[ 2017/02/07 01:49 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索