Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

小さなアウガルテンたち♪ 


私も個人的にも好きですし、生徒様やスタッフにもファンの多いアウガルテン(*^^*)

一番好きな窯は…?と聞かれたら、私はアウガルテンと答えます。
購入できるかは別としてですよ。

1718年にマイセンに次いで二番目に磁器焼成を完成させた窯。

ハプスブルグ家の庇護のもと発展してきた窯なのですが、歴史の流れにより何度か窯を閉鎖せざるを得ない状況となっては、また復活しを繰り返し…。

その際に昔ながらの一つ一つ手作りという職人魂が込められた、丁寧な作品作りを変えることなく、技術を継承している姿が素晴らしいなと思うのです。

またその技術が素晴らしいのです。
白磁のきめ細かさ、艶感、手描きでの装飾の美しさ、どこにも手抜きがありません。
見れば見る程に惚れ惚れとしてしまいます♪

とはいえ、それだけ手の込んだ作品ということもあり、お値段の方はあまり可愛くありません…。
たくさんコレクションしたいけれど、そこは憧れの部分も。




ただサロンには、いろいろなタイプのアウガルテンの作品があるので、こちらで眺めては、良いね~と呟いています。

先日は外部レッスンの時に小皿やアクセサリーなどの小ぶりの作品を持っていったところ、参加された皆様にもとても喜んでいただけたとのこと(*^^*)

こうした作品も同じように見えて、お花の大きさ、形や角度など皆違う作品なのですよ。

みどり先生がそんなアウガルテンの魅力を愛情たっぷりに語ってきたようでしたよ。
おそらくたくさんの方に魅力が伝わったことでしょう~。

私も気分だけでもレッスンに参加したつもりと、自宅でキャンドルホルダーを使って遊んでみました。




キャンドルではなく、ミニトマトを置いてみました。
いただいた特別なトマトだったので、やはりそれに相応しい器をとセレクトしてみました。
よりトマトが美味しく感じられたのは言うまでもありません。

小さな作品でも、楽しみ方、演出次第で存在感の増すアウガルテン、やっぱり素敵ですよね(*^^*)



















関連記事
[ 2015/04/13 21:27 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索