Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

大好きな世界~ブランブリーヘッジ~ 

少し前にサロンにディスプレイしていたロイヤルドルトンのティーセットの一部に、私の大好きな絵本をテーマに描かれた作品がありました。

ロイヤルドルトンは、子供用の食器としてくまのプーさんや不思議の国のアリス、バニキンズなど多くのデザインを手がけていますが、私は、ブランブリーヘッジがお気に入り♪

ドルトンは、ちょうど子供文化が繁栄していたヴィクトリア時代に発展していった窯だったので、うまく時代を読んでこうした物語をテーマにした作品を出していたのです。

ブランブリーヘッジは、日本では「のばらの村のものがたり」として紹介されている、イギリスの物語です。




イギリス人作家、ジム・バークレムによって書かれた森に住むねずみたちが主人公のとっても可愛らしいお話なのです。

子供の頃から、何度も何度も読んだ大好きな世界観。
森に住むねずみたちが擬人化して描かれているので、ねずみとはいっても、可愛いお洋服を着て、素敵なイギリスのインテリアのお家にすみ、お菓子を作ったり、ハーブティーを飲んだり、ピクニックやパーティーを楽しんだりとイギリス的な素敵な暮らしがところどころに垣間みられて、本当に微笑ましいお話なのです♪

春、夏、秋、冬とイギリスの季節の楽しみ方もとってもよ〜くわかります。

動物のこうしたお話は、ピーターラビットが有名ですが、私はぜひ、心の温まるこちらの世界観も多くの方に読んでほしいな〜と思います。
姪っ子、甥っ子たちにもこのお話は、読んでなにかを感じてほしいな〜なんて思います・・・。

それにしても、私が子供の頃にこうした食器の世界にもブランブリーヘッジのものがあると知っていたら、きっと母におねだりしたことでしょう〜(笑)。
今はドルトンでは製作していないようなので、なかなか手に入りにくいのが残念でなりません・・・。

子供の頃は、ただ可愛い〜と思って読んでいたお話ですが、今読んでみると、イギリスの生活について、新たな発見がた〜くさんあり、なかなか面白いですよ。

読書の秋、難しいお話はちょっと・・・という時でも、こうした絵本の世界を楽しむというのも一興ではないでしょうか???


愛蔵版 のばらの村のものがたり 全8話 (講談社の翻訳絵本)愛蔵版 のばらの村のものがたり 全8話 (講談社の翻訳絵本)
(2001/06/28)
ジル・バ-クレム

商品詳細を見る


いろいろなテーマがありますが、私は「春のピクニック」「雪の日のパーティー」「ひみつのかいだん」が特に好きです〜♪








関連記事
[ 2014/10/10 19:42 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索