Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

究極のプーアル茶をいただいてしまいました♪ 


先日、サロンがお休みだった日にお客様がいらっしゃり、とっても贅沢なお茶会を開いていただきました(*^_^*)

中国茶をはじめ、日本茶、紅茶とお茶すべてに精通し、ご自分で茶畑の管理までなさっているというスペシャリストなお客様。

お茶仲間のうんたろうの紹介してくれたお茶のセミナーで出会った方なのですが、光栄にもCha Teaに興味を持ってくださり、美味しいお茶を持って遊びに来てくださることになったのです♪

そして実際に目の前で淹れてくださると言うではないですか。




まずは、自分の茶畑で摘んだ茶葉を使っての手作り紅茶をご賞味(^ ^)

自分たちも数日前に作ったばかりだったので、その違いにノックアウト…。
いろいろとご指導いただきました。

そうした美味しいオリジナルのお茶というだけでも贅沢なのに、さらに究極なお茶があったのです。

かなーり年代物のプーアル茶です。

なんと1986年と1971年ものですって♪
こんなお茶と出会えるなんて、しかも淹れていただけるなんて、究極のお茶会ですよ(*^_^*)

86年のものをいただいた時に、その香りや味わいに深みを感じ感激しましたが、次に71年のものをいただいてみると、よりふかーい、ふかーい味わいなのですよ。

何度も何度も、身体のなかに良い空気が流れていくようで、身体のなかが浄化されていくようでした。

良いお茶は、こうして年輪を重ねていくと、こんなに味わいが変わり、風味が増していくものなのね…と大感激でした。

いやいや、私もこのお茶のように歳を重ねていくことで、深みのある人間になっていけたらいいな…なんて思ってしまいました。
頑張ろう~。

こんなに素晴らしいお茶を囲みながらのお茶談義。

まさに至福の午後でした。テーブルに鎮座していた中国の茶人、陸羽さんも喜んでくれていたかな?

素晴らしい茶縁に改めて感謝ですね♪

関連記事
[ 2014/09/28 17:36 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索