Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

飲むお茶、食べるお茶 



先日、手摘みしてきたお茶の葉たち。

日本では、ほとんどが機会摘みをしているのですが、紅茶の産地のインド、スリランカ、中国などでは未だに手摘みが行われています。

実際に経験してみると、暑い陽射しを浴びながらや急な斜面でのお茶摘みは、本当に大変。

しかも一芯二葉摘みという枝先の小さな部分だけを詰むのですから、なおさらです。

摘んでも摘んでも、籠がいっぱいにならない…。

ただこの部分にお茶の美味しい栄養素がたっぷりと含まれているのです。

大切に大切に扱わなくてはです(^^)

摘んできた茶葉で紅茶を作ったことはご紹介しましたが、他にも楽しみが♪

茶葉を食すということです~。

茶液となると、水溶性の成分だけが抽出され茶殻のなかに残ってしまう栄養素があるのですが、茶葉を丸ごと食べるとなると、すべての栄養素を取り入れることができます。

お茶には、抗酸化作用、抗菌作用、抗炎症作用、脂肪分解作用、抗腫瘍作用などなど様々な効能がたくさんあります。

飲むだけでも身体に良いとされていますが、さらに食べるとなるとより効果もアップです♪

ということで、摘んできた茶葉をスープにしてみましたよ。

一芯二葉の形の葉が浮いているのがわかるかしら?

ジワジワっとお茶の成分が溶け出しているようで、爽やかな香りとほのかな渋みが感じられました(^ ^)

お茶の故郷、中国でも昔昔は、こうしてスープのようにして食べる習慣もありました。
茶葉と一緒に身体によい薬草やスパイスをたっぷりといれた薬膳スープですね。

このスープのお陰か元気になったような…(笑)。

お茶パワーをいただいたので、今週も頑張ります♪

こうした食べるお茶や、お茶の効能などについてはアドバンスドクラスの紅茶の成分と効用、紅茶の産地~中国~のレッスンでお話していますので、興味のある方は是非、受講してみてくださいね(*^_^*)


関連記事
[ 2014/09/24 08:49 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索