FC2ブログ
Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10

ジェームズ・テイラーを求めて・・・ 

紅茶を学んではじめて知った人物。ジェイムズ・テイラー。

スリランカ(当時はセイロン)での紅茶栽培のパイオニア。
彼がスリランカでの紅茶栽培を成功させたことにより、スリランカ=紅茶の国といわれるまでになったのですもの。

aIMG_4861.jpg

旅行中もいたるところでテイラー像に会いました
そのたびに私たちは、大興奮

ただ残念なことに紅茶関係者の間では知られていますが、一般のスリランカの方には馴染みの薄い方のようです・・・。

サロンでは、よしこ先生がテイラー大好きなのです。
残念ながら今回の旅行は参加できなかったので、よしこ先生の分まで、しっかりとテイラーに会ってきました

テイラーがキャンディ地方に最初に開拓した茶園ルーラコンデラ。

奥まったところにあり、道幅もせまいため大きな車では通れず、途中で小さめの車に乗り換えての再スタートでした。
ドライバーさんも、地元の方に交代して、クネクネ道を登っていきましたよ~。
よくも、こんな道を運転できるものだわ・・・と感心してしまいます!!

aIMG_5567.jpgaIMG_5577.jpg

そして、テイラーが1867年に最初に植えたお茶の木が残っている場所へ・・・。
こちらは車は入れないので、プチ登山です。
ガイドさんに「少し歩くけど大丈夫ですか?」と聞かれ、少しなら・・・と思っていたのですが、いえいえ正味1時間くらいの登山となりました

普段、運動不足気味な私には、よい運動になったと思います。

aIMG_5616.jpg

でも頑張って登った甲斐がありましたよ~。約140年ほど前のお茶の木。しかもテイラーがいた場所に立っているのだと思うと感動的。

aIMG_5644.jpg

他にもテイラーが使っていた井戸のあとや住んでいたバンガローの跡地などへも。

aIMG_5658.jpg

そして、テイラーが景色を眺めるのに、見晴らしのいい場所で好んで座っていたという石でできた椅子「テイラーズ・シート」へも。

aIMG_5683.jpg

この日は、残念ながらお天気が悪く、一面が霧だらけで真っ白。
よい眺めは拝めませんでしたが、妄想力を発揮して楽しんできました。

もちろんテイラーのお墓参りも忘れずに・・・。
お墓は、キャンディの街中近郊にありますので、ルーラコンデラの山奥から、山をくだってテイラーの亡骸を運んだのかと思うと、かなり大変だったと思います。

今でも道がそんなによくないのに、当時はさらに・・・。

そう思うと、いかにテイラーが茶園の人々に慕われていたのかがわかりました。

ルーラコンデラ茶園のお茶も購入してきたので、テイラーのことを思って大切に味わいたいと思います



関連記事
[ 2012/11/22 09:00 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索