FC2ブログ
Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

エカテリーナ2世のためのフロッグサービス 

録画をして撮りだめしていた番組を見ていたところ、ロシアのエルミタージュ美術館が登場~

建物装飾の素晴らしさに見惚れ、ここに展示されている美術品の素晴らしさに見惚れ・・・
行ったつもりになって、TVの中で美術鑑賞を楽しみました。
本物に出会える時までの予習ともいえるかな?




ちょうど、連休最終日からはじまるマスタークラス「英国ティーカップの歴史第2章・3章」のレッスンの時に、エルミタージュ美術館にも飾られている、ウエッジウッドが制作したディナーサービス、「フロッグサービス」をご紹介するのよね~なんて思いながら見ていました

この作品は、1773年ロシアの女帝エカテリーナ2世に捧げられるために制作されたもの。50名分ものディナーサービス、かなり圧巻だったことでしょう~。




1つ1つのアイテムに、すべて違う1244点の英国の風景が描かれているのもすごいな~と思います。33人の絵付師によって描かれた傑作です

サロンにも、復刻版が飾ってあるので、描かれている風景も1つ1つチェックしてみてくださいね。
スープチューリンは、ポット部分、蓋の部分、レードルなど、すべて違う絵柄なのですよ~。

ジョサイア・ウェッジウッドの職人魂を感じさせる作品ですよね。

エカテリーナ2世がどのようにこちらを楽しんだのか想像するのも、面白いですね。

おろしや国酔夢譚 特別版 [DVD]おろしや国酔夢譚 特別版 [DVD]
(2005/01/28)
緒形拳、オレグ・ヤンコフスキー 他

商品詳細を見る


そんなエカテリーナ2世が登場している映画がこちら。
エカテリーナ2世の宮殿の美しさもわかりますし、鎖国をしていた日本との関係も描かれていて、歴史的な楽しみ方もできる映画です。

そのうえ、日本で紅茶を最初に飲んだ人物と言われる大黒屋光太夫も登場していて、エカテリーナ2世に謁見しているシーンもあります。
この光太夫さんにちなんで、11月1日が「紅茶の日」なんて言われてもいるのですよ~。

長いお話なので、ゆっくりと紅茶を楽しみながら見てみてくださいね
関連記事
[ 2012/09/14 17:56 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索