Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

秋薔薇の訪れ♪ 

少しずつ秋を感じはじめている昨今。

朝晩は冷んやり〜。

でもこの涼しさが薔薇には良いのです(*^^*)
咲いた薔薇が美しい姿を長く保ってくれますからね♪

ポツリポツリと薔薇たちも咲き始めてきました。



ブリリアントピンクアイスバーグ。
花付き抜群♪



ザ・プリンス。
今年は、枝数が増えて復活しました。
一時、この子は大丈夫かな〜と心配してたのだけど良かった(*^^*)



シャルロット。
私のなかでこの子はレモンティーのような香り…なんて感じてます。



ヘリテージ。
淡いピンクとヒラヒラの花びら、この子の上品な雰囲気大好きです。

シャルロットとヘリテージは、海外へ転勤された生徒さんからのお譲りいただき自宅で可愛がっている子なので、綺麗に咲いてくれるとより嬉しくなります♪



そして同じく譲っていただいたプリンセス・ドゥ・モナコ。
この子はサロンにおります〜。

ちょうど出勤したら綺麗な姿で迎えてくれました。
ハイブリッドティーで大輪なので、通りからも目立ちます。

きっとしばらくこの美しい姿で迎えてくれることでしょう〜。

レッスンにいらっしゃる際には、ぜひこちらも愛でてあげてくださいね。

これから長く楽しめるようにお手入れしっかりやります〜(*^^*)
[ 2017/10/04 02:27 ] ローズ | トラックバック(-) | コメント(-)

英国王に想いを馳せて…♪ 

毎週日曜日のお楽しみのドラマ『女王ヴィクトリア』が終わってしまったので、なんだか物足りない気分…。

なので、ここは読書でもして英国王室に浸ることに♪



もちろんティータイムつき(*^^*)

というわけで、やはりティーセットも英国王室に関係するものにしなくてはと…セレクト。

このチャーチル窯の作品はイングリッシュヘリテージというシリーズのもの♪

周りに描かれているお花が英連邦王国の国花だというだけでもすごいツボだわ〜と思っていたのですが、さらに英国王室の居城がモチーフとなって描かれているのです。

しかもアイテム毎に違う場所なんですよ。



カップのソーサーはヴィクトリア女王の愛したスコットランドのバルモラル城。



ティーカップはウェールズ地方のカナーボン城。
こちらはプリンス・オブ・ウェールズの叙位式典が行われる場所。
ちなみに週末に放送された「天空の城ラピュタ」でパズーとシータが幽閉されたお城のモデルなのですって♪
ラピュタ好きな私には、ここも嬉しい偶然(笑)。



ケーキプレートには、戴冠式の行なわれるウェストミンスター寺院。



そして蓋付きのボックスにはヘンリー8世やメアリー2世の愛したハンプトンコート宮殿。

このティーウェアだけで、いろんな妄想旅ができてしまうほど(*^^*)

ブルー&ホワイトの器は我が家では珍しいのですが、この子たちはいろんな意味で特別なのです♪

また本のなかの登場人物と照らし合わせながら楽しむとより乙な気分。

ちょうど今週の木曜日から、早稲田オープンカレッジにて「英国王室のティータイム」のレッスンも始まりますので、より気分も高まりましたよー。

紅茶や紅茶文化を愛した英国王、王妃たちについてご紹介します(*^^*)

こちらでも楽しみにお待ちしています。
https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/41179/
[ 2017/10/04 02:14 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索