Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

お気に入りのティーセットでお誕生日お祝いを♪ 

先週末には、夫のお誕生日があったのでお家でお祝いを♪とケーキを準備。

とはいえ、普段も食べているのですけどね(笑)。

私は実家にいた時から、食後のデザートとして良くケーキを食べていたのですが、夫宅では、ケーキはお祝いとか特別な日に食べるものといった感じだったよう。

今ではすっかり当たり前になり…、お土産に買ってきてくれるようになりましたが(笑)。

なので、やはりお誕生日には特別感も大事にしなくてはね(*^^*)



今年のお誕生日は、このティーセットを使おう〜とセレクト♪

こちらは、私たち夫婦にとってまさに特別。今年、結婚20周年の磁器婚式のお祝いにとお迎えしたもの。アンティークのミントン。1860年代、まさに大好きなヴィクトリア時代のもの♪

このピンクの色合いと華やかだけど、大人な印象が良いのですよね。
これから歳を重ねていきながら、長く愛でていけそうです♪

そして、この食器を前にすると、今までのいろいろなことが思い出され、振り返ると共に、新たな時間への楽しみも想像します(*^^*)
なので、気持ちを新たにするお誕生日には相応しいのでは…と。



それに長い歴史を積み重ね、受け継いでくることができたということにもあやかりたい。

私たちも日々の積み重ねを大事にしなくてはですものね(*^^*)

そんな思いも込めてのティータイム♪
また笑顔がたくさんの一年を過ごせることを願って☆☆☆
[ 2017/10/19 09:33 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

大好評のピンクのティーセット♪ 

マスタークラスのレッスンのティータイムの際に登場したピンクのティーセット♪



この姿が並んだ様子を見た生徒さんの笑顔は、こちらまで幸せな気分になります(*^^*)

本当、奇跡的な美しさ♪

こちらは1830年代のコールポートの作品。
ほぼ完品でサロンの15周年祝いとしてイギリスよりお嫁入りして参りました。

一つ一つに風景画が描かれており、きっと持ち主の方のご領地なのかしら?なんて想像も膨らませてくれるのですよね。
なんとも夢のある作品です(*^^*)



そして、また紅茶を注ぐとカップの縁の金彩が反射して、よりキラキラが増すのです☆☆☆

まさか21世紀になってもこうしてお茶が注がれることになろうとは…!当時の持ち主さんが知ったらビックリでしょうね〜。



私は、シュガーボックスに薔薇のお花のアレンジをさせて貰えるという光栄なお仕事まで(*^^*)大興奮でした〜。

こうして古いものを大事に受け継いでいこう、愛していこうというイギリスの方の思いは本当に素晴らしいですね。
そのおかげで、このティーセットと出会えたのですもの。そして、今の世界の人にも大きな感動も与えてくれているなんて、感慨深いものがありますね。

これからも、サロンで多くの方に愛でていただき生命を吹き込んで参りましょう〜♪
[ 2017/10/16 14:47 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

クレステッドチャイナ〜ヴィクトリア女王縁〜 

ヴィクトリアのレッスンでご紹介しているヴィクトリア女王のファーストシューズをかたどった小さな陶磁器。クレステッドチャイナ♪



クレステッドチャイナとは、紋章入りの陶磁器のことで、ヴィクトリア朝時代後期から1930年ぐらいまでイギリス各地のご当地お土産として製造され、ご当地の紋章が描かれているのが特徴です。

鉄道の発達とともに旅行に行く人々が増えたことが影響もしています♪

そんなクレステッドチャイナの存在を知り面白いと思っていた頃に出会ったのがヴィクトリア女王が赤ちゃんの時に最初に履いた靴がモデルになったもの♪なんと、実物大に作られています。

これはお迎えするしかないでしょう〜と(笑)。



こんな愛らしいヴィクトリアちゃんのためのものだったと想像すると、笑顔になりますねー。

先日まで、日本橋の三越で開催されていた英国展でも『鎌倉アンティークス』さんのブースに並んでいたので、ご覧になられた生徒様もいらしたよう(*^^*)
私も以前、こちらから購入〜♪



そして今回、女王の愛犬でもあったダッシュの犬種キャバリアちゃんのクレステッドチャイナを見つけ新たにお迎えしてしまいました♪
ふふ、我が家の亡き愛犬とも一緒の犬種というところももちろんツボ〜♪
ついサロンにもっていって、一緒にかざってしまいました。

小さな陶磁器ですが、温かな魅力を感じさせてくれます。
なんだかコレクションしたくなっちゃいます。

ヴィクトリア女王繋がりですと、ベージングマシーンをかたどったクレステッドチャイナがいずれ欲しい(笑)。

ヴィクトリア朝に海で泳ぐことが流行した際に、女性たちが水着に着替える際に使った車輪付きの脱衣小屋のようなもの。
その中で水着に着替え、小屋を馬や人力で海の中まで引っ張って行ったのです。

ヴィクトリア女王もワイト島で水泳を楽しむ際に使われていたのですよ。
ワイト島のオズボーンハウスには展示もされているのです(*^^*)
なのでワイト島の紋章付きのベージングマシーンがあったら…なんて思ってます(*^^*)
そんなふうに思って欲しいのは私だけ?

見つけた方がいましたら、ぜひ教えてくださいね(笑)。

[ 2017/09/22 03:49 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

キラキラのサルヴァでお楽しみ♪ 

週末に参加したセミナーにて、中世の宴の席で使用されていた銀製のお盆、サルヴァのお話を聞いて、我が家でも使おうーと盛り上がり♪

まずはピッカピカに磨くことに☆

サルヴァとは、「毒味をする」という意味を語源に含むのですが、これは毒味のすんだお料理を銀のお盆に乗せて運んだことから呼称されるようになったそうです。

銀は毒に反応するのだとか…。
なので、より綺麗に保っておくことも大切だったのでしょうね。

王侯貴族の間では、毒を盛られることにとても注意を払っていたので、宴の席も楽しみだけではなく、戦いの場だったなんてお話も伺いました。



我が家もキラキラになったサルヴァにアイスティーをのせてサービス(*^^*)

なんだかこれだけでテンションが上がります♪

こちらは、最近はまっている水出しアイスティーならぬ炭酸水出しアイスティー。

炭酸水のペットボトルのなかに茶葉をいれて数時間、冷蔵庫にいれておくだけ(笑)。
ただ香りの良い茶葉を使用するのが美味しさのポイント。
こちらはダージリンファーストフラッシュにしました。

すっきりとして、お食事中やお風呂上がりに重宝しています。



お庭に数輪さいた薔薇を活けたガラスの花器もサルヴァの上にのせるとより特別な雰囲気にも。

ちょっとした演出で生活に彩りが出てきますね。

ふふふ、次回はサルヴァでアフタヌーンティーをしなくてはね♪

楽しみ、楽しみ☆☆☆
[ 2017/07/19 09:40 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

磁器婚式のティータイム♪ 

今年は、私たち夫婦の磁器婚式〜ということで、記念になるものをお迎えしましょう〜と思っていたところ、今年の3月に素敵な出会いがあり我が家にやってきたアンティークミントンのティーセットたち♪

出会った時は天にも昇る心地でした。

なので、まさに…の結婚記念日当日は、このセットでお茶をしようと決めていました。



いそいそと準備するところから楽しくってルンルンでした♪

落ち着いたピンクの色合い、一つ一つ手で描かれた金のジュールの点など、どこを見ても美しく♡



こちらのプレートを使うこと前提でのケーキ選び。



ケーキの味わいはもちろんですが、形やサイズ感なども考慮して♪

お茶を味わう前から、目で見てお腹いっぱいになるほど〜〜(笑)。



いつも以上に丁寧に紅茶もいれて楽しみました(*^^*)

結婚した当初は、まさかこんな素敵な器に囲まれてお祝いしてるなんて思ってもいませんでした…!

いやいや、不思議ですね〜。

私にアンティークの魅力を教えてくれた第一人者、アンティークティアドロップの由美さんには感謝ですね(*^^*)

見るだけではなく使う楽しみを知り、ますます虜に。
これは、これからもずっと続くことでしょう〜〜♪

そんな由美さんのお店も銀座にお店を構えて、10周年とのこと。もう、そんなになるの〜〜とビックリです。
こうした間にも、我が家にもお宝が増え…、それも由美さんのおかげ(*^^*)

改めてお祝いに伺わねば。すると、もしかしたら、また出会ってしまうのかしら(笑)。な〜〜んて。

我が家がこうして無事に素敵な世界に出会えたことに感謝の気持ちをお伝えしたいと思います(*^^*)。

次は、どんなふうに使おうかしらと考えるのも楽しみながらこれから先も大事に受け継いでいきますよ〜。
[ 2017/07/12 09:40 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

素晴らしいアンティークミントンとの出会い♪ 

3月、我が家にとっての姫月間(私のお誕生日月)はとっても濃厚でした♪
今までにない経験もたくさんさせていただき、とっても幸先の良いバースデー月間となりました。
またこれからが楽しみでもありますね(*^^*)

そしてそんな月に相応しい素晴らしいアンティークとの出会いもありました。



アンティークティアドロップの服部由美さんを講師にお迎えしてのイベントレッスンがご縁でやって参りました♪

1850年代、まさにヴィクトリア朝という大好きな時代に製作されたミントン窯のティーセット。
このピンクの色合いがたまりません。



こちらは、2月のテーブルウェアフェスティバルの時の由美さんのブースにもあり、その時から素敵な子だわ…と思っていたのですが、今回B&Bプレートのおリボンモチーフを見た際に胸にキュンときて、より魅了されました。以前見た時には気づかなかったのですよね〜。

こちらは、きっと心惹かれる方も多いことでしょう〜と最終回まで様子を見ようと思っていました。

そうしたところ、幸いにも我が家に来てくれることになったようでルンルンでした♪



ふふ、きちんと我が家のキャビネットにも収まりました(*^^*)
この子のためにキャビネットの模様替えも楽しくやりました〜。

約160年ほど前のものがこうして綺麗な状態で残っていることに感激します。本当、奇跡ですよね。

我が家にやってきてくれたなんて至極光栄です。



そんな想いを胸にティータイムも。
なんて幸せなのでしょう。

折しも今年は、私たち夫婦は結婚20周年で、磁器婚式にあたります。
なので、今年は記念になるものをお迎えできたら…とも思っていたので、まさにこのセットは、そんな我が家にとって運命の出会いになりました。

前世の私がヴィクトリア朝に生きていた頃、きっとこのカップでアフタヌーンティーを楽しんでいたに違いない…なんて妄想もしてみたり(笑)。

これからこの子が我が家にてどんな歴史を刻んでいくことになるのか楽しみです。

私たち夫婦はもちろんですが、我が家にいらっしゃるお客様たちと一緒に美味しい紅茶を注ぎながら、新たなストーリーを作っていければと思いますので、どうぞよろしくお願いしますね(*^^*)

[ 2017/04/01 00:44 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

憧れのイパーンにお花のアレンジを♪ 



美しいアンティークシルバー♪

紅茶を学びアンティークに魅了されはじめた頃から、茶道具としてではなく、お花を飾るアイテムとして素敵だなと心惹かれたのがイパーンというテーブルを飾るアイテムの一つ。



本の中で素敵なテーブルコーディネイトのお写真で見たのが最初だったと思います(*^^*)

なので、私のなかではフラワーベースとしてのイメージが強かったのですが、本来はデザートを盛り付けておき各自が好きなものをとって食べるための器として使われていたのだそうですよ。

たくさんお料理をいただいた後には、そんなにたくさんのデザートは食べられない…と。
せっかく用意したのに残ってしまったのではもったいないという倹約の気持ちも含まれているのだとか。
それにしては、器が豪華ですが。

バスケット型のものがぶら下がっているデザインにも納得しました(*^^*)



今回は由美さんのご好意で、こちらにお花のアレンジ、お菓子の盛り付けをさせてもらいました♪

私にとっては憧れのイパーンが3つも〜と大興奮でした(*^^*)

ルンルン気分でお花のアレンジをして…、かなり幸せなひとときでした。

レッスン後に名残惜しく写真撮影も♪
いつか、我が家にも本物のイパーンをお迎えできることを夢見て…☆☆☆

今回はイパーンではなく、他の素敵な子が我が家にやって参りました(笑)。
こちらについては、また後日♪
(予想がついている方もいるかもしれませんが…)


[ 2017/03/27 23:55 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

1890年代のティードレスを着てしまいました♪ 

なんとも嬉しい幸せなひと時を体感してしまいました(*^^*)

サロンに新入りさんでやってきたアフタヌーンティー用のドレス「ティードレス」。

なんと1890年代のものとのこと♪



ピンク色、レース、パフスリーブの袖とまさに私好みではないですか〜♪

今から100年以上前のドレスが状態も良く残っているなんてビックリです。



まずはマネキンに着せてみたのですが、もしかしたらサイズ大丈夫かも…と思い、みどり先生に「着てみても良い?」と確認したところ二つ返事で良いよ〜と。

だって、まさにヴィクトリア朝そのもののティードレスですから恐れ多いですものね。

恐る恐る着てみたら、するする〜っと体にフィット♪

ただ今のようにファスナーではないので、一つ一つホックを留めていくという手間のかかるお着替え。



昔の方は、こうしたドレスを日に何度も着替えたというのですから、すごいことです。

それはお着替えをお手伝いしてくれる人が必要よね…と妙に納得(笑)。

ちょうどツリーのピンク色とも相性がよく、調子にのってたくさん写真を撮ってもらいました。
というかスタッフたちが、何も言わずともカメラを構えてパシャパシャと…激しいくらいでした(*^^*)



まさにヴィクトリアにタイムスリップした気分〜と勝手に盛り上がりました(*^^*)

気持ちだけは貴婦人でした♪

サロンにツリーと一緒に飾ってありますので、ぜひご覧になってくださいね。
一つ一つの作りの丁寧さにもご注目くださいね♪
[ 2016/11/09 01:19 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

軽井沢のアンティークショップにてレッスン♪ 


週末から、サロンを抜け出して彼方此方へ…。

土曜日には軽井沢のアンティークショップ、クルスオーアンティークにて英国のティーの習慣、クリームティーのレッスンでした。




5月.7月.9月と全3回シリーズで開催したレッスンの最終日でした(*^^*)

伺うたびに素敵な店内に誘惑されて…。レッスンのテーマにあわせて、お部屋のレイアウトやディスプレイを変えてくださっていたのです~。

毎回、今日はどんなかな…とたのしみにしていました。




私は、みどり先生がレクチャーをしている間、ティータイムのテーブルセッティングの準備を担当。
そしてセッティングに必要な食器やカトラリーなどを出していただくのをお願いするのですが、お伝えすると「これで良いかしら?」と素敵な子が次から次へと登場するという贅沢さ。




こんなにたくさんある素晴らしい環境のなかから、チョイスして使わせていただけるなんて、なんて幸せなのでしょう~と思いながら、店内をウロウロしながら準備を楽しんでいました(笑)

そして、そうして準備したテーブルを見た参加者の皆様がとっても喜んでくださるのも嬉しかったです♪




こうして、実際に使って楽しめてしまうのもアンティークならでは…かもしれませんね。

いろいろとご協力くださったクルスオーアンティークのスタッフ様、本当にありがとうございました(*^^*)
なんだか役得なお仕事でした~。

夏の軽井沢は涼しくて快適でした。これからの紅葉のシーズンもオススメとのことでしたよー。
ほんの少しですが、すでに葉が赤くなっている木もあり、秋の訪れを感じさせてくれていました。

今回はお仕事でバタバタしてばかりでしたので、またプライベートでも訪れたいなぁと思います♪

さて、本日からは日本橋三越での英国展がスタート。

こちらでは、14日、17日に英国の花をテーマにしたプチレクチャーが開催されますので、また気持ちを切り替えてしっかりと挑みたいと思います。

13時.15時より各会30分になります(予約不要、無料)ので、ぜひ7階のエインズレイさんのブースにお越しくださいね(*^^*)
かおる先生とお待ちしています~。















[ 2016/09/14 01:18 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)

アンティークに囲まれて贅沢なレッスン♪ 


無事にアンティークスヴィオレッタさんでのティーマナーのレッスンも終了しました(*^^*)

ご参加くださったみなさま、すでにマナーを兼ね備えていらっしゃる素敵な方々ばかりでしたので、私がお話することなんてあるのかしら…?なんて思ったほどでした…。

でもレッスン後には、とても楽しかったと笑顔を見せてくだったので、ホッとしました(*^^*)

マナーというと堅苦しくなりがちですが、そうなるとせっかくの素敵な空間でのレッスンが楽しめなくなってしまうので、そんな気持ちにだけはならないように…と務めさせていただきました。




幸いにもヴィオレッタのスタッフの方の準備してくださったテーブルセッティングも素晴らしかったので、お話も盛り上がりました♪

私が担当だからと素敵な薔薇のアレンジメントやテーブルナフキンも薔薇の形と嬉しいお心遣いも…。
まさにこれこそ、ティータイムをご一緒する方と楽しもう、喜ばせたいという気持ちが込めらていますよね♪

まさにこうした気持ちがマナーを知る上では一番大切なこと。
さすがヴィオレッタさんですね♪




お陰様で私もとても楽しくお話でき、あっという間のひとときでした。
今回もアンティークのティードレスを着てレッスンをしたのですが、こちらも店内の雰囲気にぴったりと合っていて大ウケでした。




レッスン後には、ショッピングタイムも♪

ご参加の皆さま、もともとヴィオレッタさんのファンの方ばかりのようで…、素敵な子たちがお嫁に(*^^*)

あの方のお宅に行ったアンティークたちは、きっと幸せに使って貰えるだろうな~なんて思いました。

私もお店に入った途端、いろいろと気になってきになって(笑)。




どこを見ても美しい~。私好みの物も多いのですよ。
嬉しいけど目の毒です~。

レッスン担当というお役目で伺ったのですが、個人的にも役得なんて思ってしまったり…。

マナーのお話だけではなくご参加の皆さまと食器やアンティークについてもたくさんお話でき本当に幸せでした。

皆さま、本当にありがとうございました。そしてヴィオレッタさん、今回も大変お世話になりました(*^^*)















[ 2016/09/04 23:39 ] アンティーク | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索