Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

領主の奥様の気分で見学♪ 


ブリティッシュヒルズのメインの建物、マナーハウス♪




こちらは領主様のお住まいをモデルとしたアッパーな空間。
圧巻ですね~。

こちらは、館内を見学することができます♪
(ガイドツアーは英語、日本語どちらでも対応してくれます)
まずはレセプションにて申し込みに。この空間だけで夢のようー。




もちろん、ソファにも座れます(*^^*)
しばし、放っておいてもらって、気分に浸ってました…。
暖炉周りはもちろんのこと、壁や天井までじっくり観察(*^^*)

どのお部屋も素晴らしいー。
こちらは、内装はヴィクトリアン様式だったので、私にはツボな部分がたくさん(*^^*)
置いてあるマホガニー製の家具一つ、一つにも興味津々でした。




ライブラリーの重厚感は、見事でした。
こんなに贅沢にマホガニーを使用しているなんて流石ですよね。




領主様のお部屋、そして奥様のお部屋もあり、なんとも贅沢な空間。




こちらのお部屋に宿泊することもできるようですよ(*^^*)
こんなベッドで寝たら、良い夢が見られるでしょうね。




長い廊下、ロングギャラリーを歩きながら、気分は領主夫人♪
気持ちだけは、「我が家にようこそ」っと(笑)




広い広いダイニングは、ハリーポッターの世界のようでした。

いろいろと説明を伺いながら、とても気分良く見て回ることができ、本当に幸せでした。

今回は日帰りでのお楽しみでしたが、次回はお泊まりしたいな~と、再訪が今からすでに楽しみですね。

その時までに、さらに英国建築やインテリアなどについてお勉強しておくことにしましょう~(*^^*)



































[ 2016/10/17 22:22 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

アンティークス・ヴィオレッタさんでのクリスマス☆ 

サロンでは、11月よりクリスマス気分を満喫していますが・・・。

サロン以外のクリスマスも楽しみたい・・・と、すっかりファンになってしまった青葉台にあるアンティークス・ヴィオレッタさんでクリスマスパーティーが開催されるとのことでしたので、私もお邪魔して参りました♪

今年は、こちらのお店で「ティーマナー」についてのセミナーを6月にさせていただいたのだわ・・・と、なんだか不思議な気持ちになりながら、お店のなかへタイムスリップ~(笑)。

もともと素敵な空間なのですが、さらにクリスマスバージョンのディスプレイがなされていて、より美しくなっていました♪
またディスプレイも、センスが良いのでお勉強になります・・・。

IMG_9867.jpg

きっと、ここに行けば、癒される・・・と思って行ったのですが、期待以上でオーナーのすみれさんをはじめ、櫻さん、スタッフの皆さまが温かく迎えてくださいました。

美しいものに囲まれて、しばし夢のようなひと時・・・。なんだかとっても落ち着きます・・・。

ご一緒になった皆さまとも自然と笑顔でお話も弾みます~。

サロンでもお世話になっているコッツワールドの小尾社長、ワインスタイルズの田中さんもいらっしゃり、会を盛り上げてくださっていました。
もちろん、乾杯は田中さんのご紹介くださったイングリッシュスパークリングワイン、「リッジヴュー」です♪
シャンパンと同じ製法で作られているスパークリングとのこと、本当に美味しいのですよ~。
普段、アルコールの弱い私でも、美味しく飲めてしまうという危険な飲み物です(笑)。

IMG_9866.jpg

そして、こんな空間のなか、スタッフの方の手作りのお料理が一緒にいただけてしまうという贅沢♪

約20名分ものお料理を、こんなにたくさんの種類ご用意されるのは、大変だったことでしょう~。
どのお料理も、とってもとっても美味しくいただかせていただきました♪
ご馳走さまでした。

今、お写真を見ても、あの時の余韻が広がってまいりますよ~。

今年一年、ヴィオレッタの皆さまにはお世話になり、新たな世界を教えていただくと共に、たくさんの刺激ももらいました。
本当にありがとうございました。

また、ヴィオレッタのファンの皆さまとお話させていただくこともでき、とっても楽しかったです♪
そんな皆さまと、こうしてクリスマスパーティーをご一緒させていただくことができて幸せでした。

またお邪魔させていただきますので、どうぞ今後ともよろしくお願いしますね♪
きっと、誘惑もされてしまうと思いますが・・・(笑)。

[ 2015/12/14 19:50 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

松本里美さんの個展でヴィクトリアンの世界を堪能♪ 

先日、レッスンを終えた後、銀座のギャラリーで開催されている銅版画家の松本里美さんの個展に行ってきました♪
松本さんはCha Teaに紅茶を習いに来てくださっている生徒様でもいらっしゃいます。

銅版画家さんでいらっしゃるので、サロンのアンティーク画やティーカップの装飾を見る際のポイントも、やっぱりプロだな~とお話を聞くのも、いつも楽しみにしていました。

そして、以前から、個展のお話や銅版画の作品のお話などをレッスンの際に伺っていたので、いつか本物を見せていただきたいと思っていた念願がやっと叶いましたo(^▽^)o

aillis201510202101548.jpg

個展のテーマは、『CURTAINカーテン/inside & outside stories』

カーテン、レースをテーマにし、ヴィクトリアン、アール・ヌーボー、アール・デコの世界観も一緒に感じさせてくれるような美しい作品たちがたくさん飾られていて、1つ1つ見るごとに歓喜の声をあげてしまいました。

また、イギリスや紅茶好きな方には、たまらない松本さんの趣味の世界を表した作品たちもあり、またまたこちらもツボで(笑)。

ヴィクトリア女王、ウォードの箱が描かれていたり、小公女やアリス、ホームズ、マープル、ポアロ、ドリトル先生など物語のなかのティータイムを描いた作品も♪

また、これらをテーマにしたオリジナルブレンドティーも販売されていたのですが、またそのブレンドが、物語の内容と茶葉のイメージが見事にマッチしていて、流石だわ~と感服いたしました。

やはり、芸術家の方のインスピレーションは素晴らしいです♪

こちらの個展は、24日(土)まで開催されていますので、銀座をお散歩しつつぜひ、足を運ばれてみてくだいね
 
Art Gallery M84
〒104-0061 東京都中央区銀座四丁目11-3 ウインド銀座ビル5階
開館時間:10:30~18:30 (展示最終日は、17:00終了)

詳細、会場はこちらをご覧ください↓

http://www.satomin.jp/info/exhib/15m84.html

[ 2015/10/20 21:47 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

ピンク・ピンクの世界〜へお招きされました♪ 

日曜日、サロンでのレッスンの後に向かった先は、スタッフのえりちゃん宅♪

恒例の(?)スタッフのお誕生日会。5月はえりちゃんの番でした。
何度かお邪魔させてもらっていますが、なんともかわいらしい世界のお部屋なのですよ。

一歩足を踏み入れると、彼女が好きなものがすぐに伝わってきます♪
ピンク、バラと私の好みともかぶるところも多いので、いろいろとお部屋を見て回るのも個人的にもとっても楽しいです
色合い的には圧倒的にピンク率高し!!

IMG_4688.jpg

そして何より洋食器が充実しているのですよ。
時々、サロンのレッスンの際に借りたりしているのですが、「あれ、これえりちゃんの?」なんて思うものも多々。良いコレクションをお持ちです(笑)。
スタッフにも狙われていましたよ〜。

とこんなラブリーな世界で催されたのは、「焼肉パーティー」。
というのもなんだか良いでしょう?

実は、えりちゃんはお肉がだ〜い好き。普段もお肉の話をしていると、かなり目がキラキラしてくるほど。
今回は、ずっと前から気になっていて食べてみたかったというお肉を皆で一緒に食べたい・・・と、た〜くさん用意してくれました。
+生徒様のおすすめのお肉。
こんなに食べられないよ〜というくらいのお肉が次から次へと登場。

そして、普段から食材の扱いが丁寧なえりちゃん。お肉のカットの仕方も綺麗で、より一層美味しく感じさせてくれます。
なんとお肉が薔薇の形になって盛り付けされていたのには流石〜と感心しました。

またデザートのゼリーも薔薇とピンク。
私も気になっていて食べてみたいと思っていたゼリーの登場だったので嬉しかったです。

インテリアも食べ物も徹底してピンクというところが、えりちゃんらしい(笑)。

お部屋も、以前訪れた時と比べると家具の配置が変わっていたり、ウォールステッカーを使ってフォーカルポイントができていたりと、レッスンで学んだことが活かされて変化もしていましたよ♪

うんうん、頑張っているじゃないですか・・・と母親、いえ家庭訪問をした先生・・・?のような気持ちになりました。

年齢に相応しい行動ができるように・・・というのがえりちゃんの目標でもあるらしいので、どうか皆様もあたたたく見守りつつ、応援していただけましたら嬉しいです♪

改めて「えりちゃん、お誕生日おめでとう〜」♪

[ 2015/06/01 19:00 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

楽しみなランチ会atシュマンドール 

2ヶ月に一度のお楽しみになっているグルメなランチ会♪
レッスンがお休みの日にお出かけして参りました。

行き先は、群馬県桐生市にあるレストラン「シュマンドール」。

http://www.chemindor.com/index.html

電車に揺られるので、駅に着く頃にはほどよくお腹が空いて良いのですよね。
なぜか乗り物に乗るとお腹がすきませんか?

グルメなマダムご推薦のお店だけあって、一度このお店の味を知ってしまうと、また食べたい病になってしまい・・・。
定例会とさせていただけることに♪

お写真だけで申し訳ないほどなのですが、見てください〜。
この芸術的なお料理の数々を!!




なんと前菜だけでも7種類が1つ1つ、お皿でサービスされるのです。
しかもカウンター越しにそのお料理をしている様子を拝見することもでき、なんとも贅沢。
プロの作業が間近で見ることができてしまうのです。

見ていると、本当に手間ひまかけて一つのお料理が作られていることも実感でき、美味しさ、有り難み・・・と感動の嵐です♪

前菜だけでも満足なところ、お魚、お肉のメイン料理まで。
途中でお腹が苦しい〜となるのですが、なぜかまた食欲がそそられ、最後までしっかりと食べられてしまうというのは不思議ですね〜。




そして、その後には、またデザートもしっかりといただきます。

今回は、マダムの御心遣いでお教室の13周年のお祝いのプレートまで。
こちらには、皆でびっくり&感激いたしました。本当にありがとうございます。

またチョコケーキに添えられるプレートアートも毎回素晴らしく。
季節に合わせて描くお花を変えてくださっているのですよ。
秋に訪れた時はブドウ、2月に訪れた時はスミレとフリージア、今月はタンポポでした。

お料理だけではなく、こうして訪れた方を喜ばせよう・・・との御心が感じられるのも、とっても気持ちが良く居心地の良さも感じさせてくれます。

このランチの時間だけで、何度、素晴らしいサービスだわ・・・と思ったことでしょう♪
おかげさまで、心より楽しませていただきました。

美味しいランチ、素晴らしいサービスで心の充電もバッチリです。
次回を楽しみに・・・、レッスンに勤しむことにします!!











[ 2015/04/11 15:17 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

写真展『ヘルマン・ヘッセに捧ぐ シッダールタの旅」 

以前、サロンでも「茶馬古道の旅」の講演をしていただいた写真家の竹田武史さんの写真展が、4日より新宿のコニカミノルタプラザ(新宿高野4F)にて開催される・・・とご連絡をいただいていたので、早速足を運んできました。




「ヘルマン・ヘッセに捧ぐ シッダールダの旅」というテーマの写真展となります。
竹田さんご本人が、ヘッセの描いた小説、シッダールダをもとにインドを旅し、撮影してきた美しい写真の数々が飾られています。
写真と小説のなかの描写が見事に調和された見事な世界観が演出されていました。


(以下 コニカミノルタプラザHPより抜粋)

『20世紀に活躍したドイツの作家ヘルマン・ヘッセは、文明批判と人間の生きる意味を問う多くの作品を残しました。なかでも、自らの宗教体験をもとに描いた『シッダールタ』は全世界で1000万人を魅了した不朽の名作として知られています。
一昨年、私は大学時代からの愛読書である『シッダールタ』を携えて、小説の舞台となった北インドの仏跡・聖地を巡礼しました。仏陀の足跡を辿りながら、あるいは北インドの大地に生きる人々の営みから、物語を視覚化してみたいと考えたからです。今回の展示では、物語に描かれた心象風景を追った写真とヘッセが紡いだ文章を道標に、原作世界をイメージトリップしてもらえるような構成を試みました。シッダールタの、ヘッセの、そして私自身の、魂の彷徨と覚醒の旅を感じていただければ幸いです。』
 





なにはともあれ、実際に見ていただくのが何よりだと思います。

竹田武史写真展『ヘルマンヘッセに捧ぐ シッダールタの旅』
・会場:コニカミノルタプラザ・ギャラリーC
・会期:2014年4月4日(金)―4月14日(月)
・時間:10:30-19:00(最終日は15:00まで)

本日は、幸いなことに竹田さんご本人によるトークショーも開催され、インドの旅の間の面白エピソードなども伺うことができてラッキーでした♪

こちらで紹介された写真をもとに著書も出版されていますので、こちらもあわせてご覧いただけると、より楽しめるのではないかと思います。

シッダールタの旅シッダールタの旅
(2013/04/26)
ヘルマン ヘッセ、竹田 武史 他

商品詳細を見る


ぜひ、足を運んでみてくださいませ♪
[ 2014/04/05 21:58 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

お花見へ・・・ 

サロン付近の桜も綺麗に咲いていたし、都内のほうでは桜が満開というニュースも聞いていたので、我が家でもお花見へ・・・とはりきってお出かけしたのですが・・・。

イメージ 1

あれれ、まだ満開といえる状態ではなく、咲いている場所と咲いていない場所があり、まだ5分咲きといった中途半端な状態・・・。

まだ「すごいね〜」と感動するほどではなく、少し残念でした・・・

イメージ 2

桜よりも椿のお花のほうが綺麗に咲いていて、こちらのほうが感動でした。

違うお花見を楽しんできました
桜は、またリベンジすることにしましょう〜。

イメージ 3

ちょっぴり残念なお花見のあとは、お家に戻ってティータイムです

ケーキの断面のイチゴがハート模様のようになっているのをみて、一気にテンションアップ
ご機嫌になってしまった私でした。

エインズレイの桜色のティーセットで気分もお花見気分もアップ

ちょうど明日は、エインズレイさんのショールームにて、香川社長より、最新のエインズレイやストークオントレント情報についてお話いただくイベントも開催されるので、どんなお話が伺えるのか・・・と楽しく想像しながらのティータイムとなりました

お話好きの香川社長からどんなお話が伺えるのかとっても楽しみです。
ご一緒に参加される皆様、どうぞよろしくお願いしますね
[ 2013/03/23 21:57 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 ウォリスとエドワード 

昨日公開の映画、ウォリスとエドワード〜英国王冠をかけた恋〜を早速見てきましたよ〜

こちらは、英国好きの方ならご存知の方も多いと思いますが、英国王エドワード8世が「愛する人の支えなくしては、王としての責務を全うすることはできない」とわずか11ヶ月で退位を表明したというエピソードを、マドンナが監督をつとめて、女性側ウォリスの気持ちを中心に描いていくというストーリー。



 
「王冠をかけた恋」として、いままでエドワード8世側の立場が描かれるストーリーは多々あり、ウォリスは、王位を捨てさせた女性として悪女的にとらえられることのほうが多かったのですが、この映画は、彼女の苦悩の部分、人間らしい部分などが表現されていました。

以前に公開された映画「英国王のスピーチ」のなかでも、この二人のエピソードが登場してきていますので、あわせて見ると、より楽しめそうですね。

個人的には、王室や上流階級の方々のお屋敷が登場するので、バック背景にうつるインテリアや装飾品などにも興味津々・・・で見ていました

もちろんティータイムのシーンもたくさんありましたよ

ストーリー以外の部分でも楽しめて、よりお得な気分・・・になれました




これから、公開される映画でも興味津々なものがた〜くさん

帰宅後は、これからの予定を考えての楽しいティータイムも。
こうした映画鑑賞も楽しみつつ、芸術の秋を満喫したいと思います
[ 2012/11/04 17:31 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

マリーアントワネットの衣装 




横浜そごうで開催中の「マリーアントワネット物語展」

マリーアントワネットの愛した世界がギュッとつまった展示会で、アントワネット好きには、たまりませんね〜

貴重な肖像画やアンティーク画、彼女の愛した装飾品など、じっくりと堪能してきました

懐中時計やつけぼくろ入れ、扇などの小物までも美しく・・・。




来場された方が嬉しくなってしまうのが、衣装の展示ブースではないかしら?
複製とはいえ、アントワネットが着ていた衣装が再現されているのですもの




そのうえ、ここの場所だけは写真撮影もOKというのがさらにテンションアップ〜。

一緒にいたりつえ先生とみえちゃんに、一気に私のテンションがあがったのがわかった・・・と言われました(笑)。




自分が着るなら・・・と、いろいろな場面設定を妄想しながら、楽しく拝見してきました

ちょうどアントワネットの時代は、新古典調の時代。
様々な調度品やインテリアの装飾に、新古典調を感じさせるものもいっぱいあって魅力的でした

紅茶を学んで知った知識が、こうした展覧会でも生きてくるのが嬉しいですね。

久しぶりに「ベルサイユのバラ」が読みたくなりました

こちらの展覧会は、横浜では、11月18日までですので、ぜひ足を運んでみてくださいね
[ 2012/10/29 22:05 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

究極の空間でクリスマス♪ 

先日、素晴らしい空間でのひと時を過ごして参りました

夏にお邪魔させていただいた箱根のT様の別荘に、光栄にもまたご招待をいただくことができたのです。

夏の訪れが、未だ夢のようとも思えるほど素敵な記憶になっているところに、年内に2度までも・・・と嬉しくて、お誘いをいただいてから興奮がおさまりませんでした

お家の空間の素晴らしさだけではなく、T様の心温まるおもてなしは、本当に学ぶところがたくさんなのです

そうした場に、またお邪魔できることが、本当に本当に幸せでした

お部屋のインテリアは、何度見ても至福・・・を感じさせてくれます
aIMG_3126.jpg

ただ綺麗・・・というだけではなく、このお部屋の中にT様の愛情、こだわり。。。がたくさん感じられるところが、とっても好きなのです
aIMG_3215.jpgaIMG_3110.jpg
aIMG_3138.jpgaIMG_3153.jpg

T様のお宅で、私の目がいってしまうのは、所々に置かれたイスたち
個人的にイスが大好きなのです。

よく映画や洋書の中でも、お部屋にイスが置いてある光景が見られますが、なぜかその様子が子供の頃から好きでした。

『自由に座ってくつろいでくださいね』とのホストの温かい気持ちが現われているように思うのです。

自宅でも、いろいろなイスが欲しい~と思って、いくつか置いているのですが、T様邸では、様々なタイプのイスを拝見することができて大興奮でした。
aIMG_3181.jpgaIMG_3127.jpg

私たちの訪れにあわせて、クリスマスツリーも飾ってくださったとのこと。

オーナメントの1つ1つにT様のセンスがキラリと光っています
向かいにある大きな鏡に映るツリーの姿もまた美しく・・・。
やっぱり、お部屋に大きな鏡っていいなぁ。。。
aIMG_3171.jpgaIMG_3188.jpg

とっても寒い日でしたので、暖炉には火が灯されて・・・。
パチパチとなる火の子の音と、燻された木の優しい香りがなんともいえない雰囲気を作り上げてくれて、さらにテンションUP
aIMG_3140.jpgaIMG_3142.jpg
aIMG_3198.jpgaIMG_3210.jpg

この場所にいられるだけで最高なのに、さらにこちらでティータイム&ディナーまで

居心地がとってもよい上に、T様とのお話は本当に楽しくて、時間のたつのがあっという間に感じられるのです

インテリアのことだけではなく、人生の先輩として尊敬すべきところが、たくさんで。。。
いろいろと伺ったお話を、ほんの少しでも、自分でも取り入れていくことができるようにしたいですね。


そして、T様との素晴らしいご縁、学ばせていただいたことなど、1つ1つを大切にしていきたいと思います。

T様、そしてT様のご家族の皆様、ご招待いただき、本当にありがとうございました
[ 2011/12/05 15:52 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索