Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

いつかお揃いを…と夢見るマリアテレジアのセット♪ 

週末のサロンのレッスンは、ウィーンのアウガルテン窯の作品を愛するたくさんの生徒さんたちが集まってくださっていたことでしょう〜(*^^*)

きっと熱気が溢れていたはず♪



今回は、スタッフのえりちゃんがレジメ、レッスン担当と頑張ってくれているのですよ。
レッスンのテーマとなっている『年表』もしっかりとまとめてくれました。
アウガルテンへの愛がなせる技?(笑)

そんな愛を共有したいとの思いで、レッスンにのぞんでくれています。
うまく伝わって、笑顔が増えたかな?



そんなことを考えながら、私も自宅でのティータイムにはアウガルテンの食器で楽しみましたよー。

私にとっても憧れのアウガルテン。いろいろな作品がありますが、いずれティーセットだけではなく…他にも揃えたいと夢みているのがマリアテレジアの作品。

なんとも言えない上品さが…!



こちらは、ハプスブルク家の女帝マリアテレジアに捧げられたシリーズ。

女性の力で壮大なハプスブルク家の領地を守り抜いた男性のような心の強さ、夫への愛を貫いた深い情、娘のマリーアントワネットをずっと見守る心の温かさなどの女性らしい感情を持ち合わせている部分、人としての部分も好きな女性でもあるので、そんなマリアテレジアにあやかりたいなんて思いも♪

夢がいつか実現することを願って…☆☆☆

[ 2017/04/22 22:53 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロイヤルドルトンの美人姉妹♪ 

まるでこれから踊り出すかのような貴婦人♪



以前、お迎えしたロイヤルドルトンの小さなフィギュリン。

お名前も「セーラ」とついているのも『小公女』のお話が好きな私にはツボでした(*^^*)可愛らしいコですよね♪



そして先日のテーブルウェアフェスティバルにて、このコと対になるぴったりなコと出会ってしまいました。

このコはレベッカ♪
出会った瞬間にうちのコ…なんて思ってしまいました。



柔らかで優しげな表情、動きのあるドレスのデザイン、そして品のある姿ととても絵になる二人の貴婦人♪



ちょうど日差しの当たる時ですと、よりお肌の白さも引き立ち、素地の美しさにも見惚れてしまいました(*^^*)

ロイヤルドルトンのフィギュリンは、英国王室御用達を賜っているというのも、こうした小さなもの1つを見ても丁寧に作られているのがわかり納得ですね♪

小さなコですが存在感があります〜。
ティータイムのトーキングアイテムとして、これからの我が家でも大活躍してくれそうです♪

こちらは、来月サロンでのイベントでお世話になるアンティークティアドロップの服部由美さんのお店からお嫁いり〜(*^^*)

由美さんは、このイベントの前にも買い付けに行くと仰られていたので、またまた素敵な出会いが待っていそうですね。

こうして何度も誘惑されてしまう私です(笑)。
[ 2017/02/13 10:58 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

美しきマイセン磁器♪ 

テーブルウェアフェスティバルにて、たくさんの食器、アンティークたちを愛でて参りましたが、ChaTeaのサロンもとーっても素敵な空間になっているのですよ〜。

なんとドイツのマイセン窯尽くしなのです♪



マイセン窯の歴史を年表をもとに実際に作品も紹介しながら愛でつつと贅沢なレッスンが開催中〜。

なのであわせて、サロンには秘蔵っ子たちが♪



西洋で初めて磁器の焼成に成功したマイセン。300年の月日が経ってもその歴史に恥じない素晴らしい作品作りを続けています。

昔は、マイセンというと天使やローズのようなロココの作品に目がいったものですが、他にも眼を見張る作品も多々。



こうしたシノワズリーテイストの作品も圧巻ですよね。

時代と共に、また作品作りに携わる人物と共に受け継がれている歴史は、本当に魅力溢れるストーリーが満載です(*^^*)



ヨハン・フリードリヒ・ベッドガー。
彼なくしてマイセンは語れません…。
額装された陶板のなかから、まだなにかいいたたげといった表情ですね…。



きっとお話を聞く前と聞いた後では、作品への感じ方も変わるはず。

ぜひ、サロンに飾ってある子たちをたっぷりと鑑賞していただけたら嬉しいです。

そして見るだけではなく、実際に使って愛でるというお楽しみもありますので、こちらも乞うご期待。

期間限定の見て使って楽しめるプチマイセンミュージアムの世界、ご一緒に満喫しましょう〜(*^^*)
[ 2017/02/07 01:49 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

リボンモチーフのティーカップ♪ 

最近、サロンではブルー&ホワイトのティーカップでのお茶が続いているので、自宅では違う雰囲気で♪



ロイヤルアルバートのおリボンモチーフのものにしてみました(*^^*)

少し前にアルバートをテーマにしたレッスンもあり、改めて良いな…と感じさせてくれた洋食器窯。



時代を上手によみつつ、確実にファンを増やしていますよね。
女性の心をキュンとさせてくれるデザインが多いのも嬉しいのですよね(*^^*)

紅茶を注いだり、ケーキを乗せたりすることで、より映えます〜。
やっぱり使ってこその魅力というのを感じさせてくれますね♪
[ 2016/12/23 22:19 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっぱり可愛いエリザベスローズ 

先日、サロンにて開催されたエインズレイ社とのコラボイベント。

贅沢にもテーブルセッティングをすべてエインズレイ社の洋食器でティータイムができてしまうのです。

毎回テーマ、使用するシリーズを変えて楽しんでいただいていたのですが、今回はクリスマスがテーマ。



ということで、英国のクリスマスの習慣やお菓子などを楽しみつつとなりました。



そしてエリザベスローズというエインズレイ社の代表ともいえるシリーズでのセッティング♪

やはり華やかです〜。個人的にも薔薇好きな私にはツボなシリーズです(*^^*)

やっぱりみてるだけではなく実際に使うと、より可愛く見えますね。

エインズレイ社には、たくさんのシリーズがあるので、どの子を揃えようかしら…と頭を悩ませます…。

先日もたくさんの作品を見せていただいたのですが、みんな可愛くてなかなか決められず…でした。



でも使っている姿を見て、誘惑されたB&Bプレートだけお持ち帰りしました(笑)。

早速にケーキを購入して使用しましたよ。やっぱり可愛い(*^^*)お迎えして正解でした。

今年の2月からスタートしたこうしたエインズレイ社とのコラボイベントは、今回が最終回でした。

普段、サロンでお会いする方々以外にもはじめましての洋食器、紅茶、インテリア好きなどのみなさんとご一緒に楽しむことができて幸せでした(*^^*)

ご参加いただいた皆様、エインズレイ社の社長、スタッフの皆様、ありがとうございました。

またこうした機会が持てましたら幸いです。洋食器への愛は、まだまだ続きますからね♪
[ 2016/11/29 08:56 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロイヤルアルバートのクリスマスウェア♪ 

毎年、クリスマスの時期になるとサロンのレッスンでは、クリスマス用の食器が登場してのおもてなしシーズンになります♪

今年は、ロイヤルアルバートのクリスマスツリーのシリーズが新入りです(*^^*)



碧先生が今年のはじめに英国からお持ち帰りしてきてくれた子達です♪

色合いや薔薇の描かれ方はもちろんのこと、縁取りのリボンも可愛い。



名前のごとく、真ん中に描かれたクリスマスツリー。
本当にこんなツリーがあったら嬉しいですね〜。



スイーツも華やか♪
この器にあわせてのスイーツ選びも、なかなか楽しいのですよ。

ただいま開催中のマスタークラスのレッスンでは、こちらのシリーズを使って、ティータイムを楽しんでいただいているので、皆さんの胸をキュンキュンさせています(*^^*)

セッティングを見た後、歓声があがるのがとーっても嬉しいです。



まだまだこれから続きますので、どうぞたくさん愛でてあげてくださいね♪

[ 2016/11/26 23:42 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

お嫁入り前の記念写真♪ 

さて、この週末にどのティーカップたちがサロンからお嫁入りしていくのでしょうか?

私は、週末はお休みをいただいているので、次にサロンに行った際には会えない子もいることでしょう〜。

なので、その前に記念写真もたくさん撮っておきました(笑)

珍しいダブルハンドルのミントンローズのカップ♪



今までサロンに彩りを添えて癒やしてくれていた子たちばかり。



こちらも同じくミントン。プラチナのラインとワインレッドのラインが落ちついた印象。大人のクリスマスに使いたくなる器です♪



こちらはロイヤルドルトンのレデイベドフォード。

アフタヌーンティーのきっかけとなったベドフォード公爵夫人にちなんだネーミング。アフタヌーンティーを楽しんだお部屋、ブルードローイングルームにちなんで、ブルーのラインが入っているのもポイント♪



そんなアフタヌーンティーが流行していたヴィクトリア朝の象徴とも言えるのキラキラな装飾が特徴のコウルドンのカップ。

紅茶が注がれるとより美しい〜。



実際にある薔薇が描かれたロイヤルアルバートのアメリカンビューティー。

カップに描かれているのと同じ薔薇を…とサロンでも育て、実際に咲いた時にお揃いでティータイムを楽しんだことを思い出します♪

きっとお嫁入り先でも新たなエピソードをたくさん増やしていってくれることでしょう。

可愛がって使ってくださる方のもとへ…。
素敵な旅立ちをしてほしいものです(*^^*)
[ 2016/11/13 01:43 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

ファーストマイカップオブティー♪ 

サロンでのレッスンで、ティーカップについての学びを深めるレッスンが進行中(*^^*)

カップへの愛も増していることかと思います。そしてその愛と一緒に、サロンからたくさんのカップたちがお嫁入りをしております♪

そんな皆さんの様子を見ていた時に思い出したのが、私が初めて自分のためにデパートの洋食器売り場で購入したティーカップのこと。



そのカップが、こちらのノリタケの薔薇柄のティーカップです♪

それまで持っていたカップは、洋食器…ではなく雑貨屋さんから出ていた薔薇柄モチーフのもの。

それから、結婚のお祝いにいただいたウェッジウッドのジャスパーウェアとカーゾンというシリーズのもの。

自分で選んで購入した洋食器のティーカップは、このノリタケのカップが初めてだったのです。自分たちの結婚記念として購入したのですよね〜。

たくさん並んでいるティーカップのなかから、ワクワクしながら自分好みのものを選んでいたのが思い出されます^_^

そして、今見ても可愛いな〜と思っています。



あれから約20年近くたちますが、我が家で今でも健在です♪そして、やはり好みもブレてないんだなぁーと(*^^*)

この一客からスタートした私のティーカップコレクション。今ではかなり増えましたが、やはりファーストカップは忘れられないものです。

まさにこれぞ「My cup of tea」ですね♪

週末のレッスンに参加される皆さんも、紅茶を楽しむ際のパートナーとしてお気に入り…と出会っていただけたら嬉しいです(*^^*)





[ 2016/11/11 22:21 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

盛り付けだけでも美しく♪ 

お食事やティータイムの時には目で楽しむ…ということも大切と思っている私♪

ビジュアルは大事ですよね〜。
同じ食べ物でも盛り付ける器で、だいぶ雰囲気が変わるように思います(*^^*)

たとえ、手作りでなく購入してきたものでも、器にこだわって盛り付けるだけで、ご馳走に見えます(笑)。



カットフルーツもディナー皿に並べてみるとより華やかに♪ミントンのヴィクトリアストロベリー…というフルーツ繋がりに。



チャーハンもボウルで丸い形にしてから盛り付けてみたり…。お子様ランチみたい♪



そして、コーンスープも小さなグラスによそってソーサーの上に置くだけで、上品なお料理に見えます。

日々、小さなことですが、食器を愛で楽しむという時間があることで、気持ち的にも癒されます。

そして、こうしたことが楽しめているということは、まだ気持ち的にも大丈夫…と心のバロメーターにもなっているのかな。

さて、お次はどうしましょうね〜(笑)。
[ 2016/10/31 23:50 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヘレンドを楽しんだ1日♪ 

先日1日限定ですが、サロンがハンガリーの陶磁器窯ヘレンドの作品に囲まれた幸せな日がありました♪



ル・ノーブルさんとのコラボレッスンで、ヘレンドをテーマにしたレッスンが行われたためです♪

この日のためだけに…、たくさんの美しい作品をご用意してくださいました(*^^*)

大きな箱から、次から次に登場する美しい作品たちを見ながらワクワク♪

ヘレンド窯の歴史や作品にまつわるエピソードなどについてレクチャー&ヘレンドのティーウェアを使ってのティータイムというスペシャルなひと時。



今回は、すべてお揃いではなく、参加された方にお好きな作品を選んでいただいて、たくさんのヘレンドのシリーズを楽しんで貰いました(*^^*)



なので、同じケーキを乗せても雰囲気も変わる楽しさというのも体感していただけました(*^^*)

ヘレンドの華やかな作品が並んだテーブルは圧巻でしたね♪

多くの方がこうして実際に使用している姿を見ると、やっぱり素敵だわ…と誘惑もされてしまう1日ともなりましたが(笑)。



レッスン後には、あっという間に撤収されていかましたが、もともとサロンにあるヘレンドの作品は、飾られていますので、しばしそちらのコーナーを愛でて楽しむことにしましょう〜。

素敵…と、とても好評でした♪

次回は12月21日(水)、デンマークのロイヤルコペンハーゲン窯をテーマにしたレッスンがありますので、ぜひこちらへのご参加もお待ちしていますね(*^^*)

http://www.aynsley.co.jp/news/pdf/20160502Brandstory.pdf
[ 2016/10/28 21:59 ] 洋食器 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索