FC2ブログ
Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

ゴシックリヴァイバルだらけのサロン♪ 

英国建築で建てられているCha Teaのサロン♪

建てる際には、たくさんの英国住宅を見ていたみどり先生の英国の家のイメージや、英国のインテリア本などを参考にしながら、コッツワールド の小尾社長のご意見もプラスして、打ち合わせしながら少しずつデザインがなされていきました(^ ^)

そして、今回のマスタークラスのゴシックリヴァイバルのレッスンを通してサロンのインテリアを見回して見ると…。

なんとゴシックリヴァイバルだらけではないですか〜と‼︎

中世の教会建築、ゴシック建築をもう一度再興させようと、19世紀のヴィクトリア時代に再流行したのがゴシックリヴァイバル。

201808122335226a4.jpeg


一階の床一面に広がるヴィクトリアンフロアタイルを筆頭に…!

修道女が修道院に持っていける家具として重宝されたモンクスベンチ。
こちらはテーブルにもベンチにも収納にもなるという一つで三役♪
サロンでも、もちろんいろいろなバージョンで大活躍です。

201808122335290f4.jpeg


そして階段にはめ込まれたタイルの数々。
こちらはまさにゴシックリヴァイバルの際にタイル装飾に力を注いだミントン社のもの。

またこのタイル装飾に使用されている色にも深ーい意味があることも…。
今まで以上にデザインもチェックしてしまいます。

201808122335169c9.jpeg


またお化粧室の床もヴィクトリアンフロアタイル。
そして壁の模様にもポインテッド(尖った)アーチが描かれているのです。

こうしたアーチは、まさに教会の窓や扉、天井などに良く使われたデザインでゴシックの特徴そのもの♪

20180812233507b43.jpeg


二階のダイニングルームのパネリングの壁もまさに中世の復活♪

そして十字なのもポイント。と、いろいろと気づくたびにビックリ。

ほかにもダイニングの天井や家具、玄関扉のステンドグラスなどなど…。
ここにもゴシックリヴァイバルが〜と(笑)。

いやいや、改めて見るとサロン内はお宝、建物自体がレッスンの資料だらけなっているのですよ。

これを自然に選んでいたみどり先生は、やはりゴシックリヴァイバル時代に生きていたに違いないと思ってしまいます♪

なぜにこうしたインテリア、建築が登場し流行したのか…。時代背景がわかって見ると、より興味深いものがあります。
ぜひ、一つ一つの意味なども含めて、これからのレッスンを通して学んでいっていただけたら嬉しいです♪

きっとサロンを見る目が変わるはずです(^ ^)
[ 2018/08/12 23:38 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

素晴らしいエッグアート♪ 

我が家の宝物がまた増えました(*^^*)

なんて可愛いの〜と見た瞬間にキュンときました♪



スタッフよりお誕生日プレゼントに貰ったエッグアート ♪

こちらは、エッグアート の先生をされている生徒さんの作品。素敵ですよね〜。

SNSで彼女の作品を見てすっかりファンになり虜になっているのを知っているみどり先生が密命でお願いしてくれたとのこと♪
見た瞬間にオリジナルカレンダーの4月の作品だぁとわかりました(笑)。



イースターがテーマの作品なのですが、いつ飾っておいても可愛いことは間違いなし♪

二匹のうさぎは、わたし達夫婦のよう〜ということで(*^^*)
大事に大事に抱えて帰りました♪





自宅のどこに飾ろうかなーとウロウロし、キャビネットのなかにスペシャルコーナーを作ることにしました(*^^*)

キャビネットの食器を入れ替えたりして、目立つ段に飾りました〜。

モーゼルのガラススタンドの上に鎮座させ、アウガルテンの食器で囲みました♪

キャビネットの前に立っても、ソファに座っていても目に入る素敵なコーナーになりました(*^^*)

ふふふ、ありがとうございます〜。



夜はリビングのシャンデリアを消して、キャビネットの灯りだけにしたら、スポットライトを浴びてより際立ちました(*^^*)

本当に素敵な子がやってきて、テンションマックスです(*^^*)
我が家にいらしたお客様、みんなに自慢しちゃおう〜。


今月の31日まで新浦安のオリエンタルホテルの展示ギャラリーにて作品展がなされているのだそう。
私も覗いてきたいなぁと思ってます〜。

エッグアートもいろいろなタイプがあるのだと思いますが、彼女の色合い、使うパーツ、デザイン等全てがツボ(*^^*)

ふふふ、実は彼女には私からも別でスペシャルなオーダーをしているのよね♪
こちらも、またまたすごーい子になりそうなので一緒に飾るのを楽しみに待ちまーす(*^^*)

もちろん届いたら、またアップしますね〜♪


[ 2018/03/21 23:10 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

名残惜しい雛祭りモード 

今年のお雛様も見納め…。

2週間ほどの期間限定の数日間、たくさんの皆様に愛でていただきました(*^^*)
ありがとうございます♪

サロンのディスプレイのほうは、また新たな世界に変身しておりますよ〜。

とその前にしばし、来年までのさよなら…と名残惜しく振り返りを。



雛人形しかり、陶磁器窯のお雛様も♪
こちらは紅茶教室らしい(笑)。



そして、大正時代のお着物とティードレスの組み合わせもレトロな雰囲気で好きでした(*^^*)

布地に描かれたお雛様も華やかで目を引きましたね〜。

とたくさんのお雛様バージョンのお飾りがサロンを彩ってくれていましたよ♡♡♡
なんだかとっても幸せでした。
また来年、違った姿でお会いしましょう〜。

そしてサロンの方は、ミンミン先生のお茶会仕様の雰囲気と変わっております。
数時間で…とジャポニスムワールドから、ヨーロピアンのファンシーなワールドへ♪
自分たちでもかなりのギャップです〜。

どうぞこちらもお楽しみにいらしてください(*^^*)

[ 2018/03/06 23:19 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

春のインテリア♪ 

三寒四温…といった春の訪れを感じるようなお天気が続きそうですね。

本日の嵐のようなお天気は少なくて良いのですけどねぇ。

春はやっぱりピンクでしょう〜とコンソールやテーブルの上に、春色をプラス♪
って、いつでもピンクはありますけどね(笑)。



ヴィクトリアンのルビーガラスのジャム入れをメインにミニフィギュアを♪
貴婦人たちがダンスパーティーをしてるかのよう♡♡♡



こちらもアンティークのピンクガラスを♪色合いは、ちょっと優しめ。
ヴィクトリア女王が見守ってくれているのもポイント〜(*^^*)

お日さまのなかでのガラスの煌めき☆☆☆
お天気の良い日が増えると、よりうれしいですね♪



そして春といえばチューリップ(*^^*)
お花を飾ると、お部屋に春の香りが漂う…なんて思うのは気のせいかしら?

いつでもぽっかぽかな春が毎日感じられるのは、まだもう少し先のことになるのでしょうけれど、お部屋のなかだけでも、先に楽しむことにしましょう〜(*^^*)
[ 2018/03/05 23:52 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

吊るし雛とシャンデリア 

ジャポニスムで楽しむ雛祭りのレッスンにあわせて、お雛様たちがところどころに飾られているサロン♪

通常のレッスンでもたくさんの生徒さんに愛でていただいてます(*^^*)



そんななか、今回私がとても良いなぁと思ったのが吊るし雛(*^^*)

お写真等では見てましたが、自分では、あまり飾ったことがなく身近に触れるご縁がなかったのですが、数日前にサロンにやってきた子を見て、飾った姿をみたら、とーっても可愛いと♡♡♡



そして不思議と英国住宅の雰囲気に馴染んでいることに感動ー♪
思いっきり和のテイストなのにね〜とビックリ。

さらにバックにはロブマイヤー のシャンデリアですから♪

なぜにしっくりくるのだろう…と話していたところ、英国住宅の木の温もり感、ロブマイヤー も吊るし雛も手作りで丹精に作られたもの…、古くから受け継がれてきた技術、そうしたところが共鳴しあっているのではないかしらと。

本当、眺めているのが幸せ〜と温かな気持ちになるのですよ。



鏡のなかにうつった吊るし雛の光景も好き…とついつい、うっとりと眺めてしまうのです(*^^*)

是非是非、この感覚をサロンで感じていただけたら嬉しいです♪
[ 2018/02/28 23:55 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

お家生活を彩るアイテム〜フラワーベース〜 

新刊『英国の住宅』を手にしてくれた…とのご連絡をいろいろな方からご連絡をいただき、とても嬉しく思っています(*^^*)

英国人の家やインテリアを愛し楽しむ暮らし…。
執筆中にも、やっぱり良いなー♪と何度も思いました。

私も家へ愛情を持ち、手をかけているほうだとは思いますが、よりその気持ちも強くなりました。

今、夫とも春に向けてお部屋やお庭のメンテナンスなどについて協議中です♪

と大掛かりなDIYは夫にまかせることにして(笑)。



私は少しでも居心地の良いインテリアを目指しましょうー♪

テーブルやお部屋のフォーカルポイントとなる場所には、お花はマスト♡♡♡

なので、我が家には様々なフラワーベースがあります♪

最近、新たにお迎えしたのがこのお写真のフラワーベース。今年のテーブルウェアフェスティバルにて出会いました♪

4月のサロンのイベントレッスンでお世話になるアンティークティアドロップの服部由美さんおすすめのマイセンのフラワーベース(*^^*)
ブーケが引き立ちますよね。



私の生活スタイル、お花好きなことを知っている由美さんだからこそ、私が目にとめるのもわかっていたようです♪

こうした相手にあわせたおすすめをしてくれちゃうところが流石なのですよねー。

4月のレッスンでは、英国アンティークカップについてご教授していただきますので、また誘惑されてしまいそうですが…。
今は亡き幻の銘窯についてもお話が伺えるとのこと♪

参加される生徒さんのために…と準備も張り切ってくれているようですので、ぜひにこちらもご参加いただけましたら嬉しいです(*^^*)

またお家生活を豊かにしてくれるアイテムとも出会えるかしら?
[ 2018/02/26 23:34 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

お雛様と一緒のティータイム♪ 

サロンのインテリアがまたまたチェンジしました(*^^*)



期間限定で可愛らしいお雛様が登場です♪

飾り方がCha Tea流〜(*^^*)



雛壇に並べてではなく、お雛様たちはみんなバラバラに散りばめられています(笑)。

ヴィクトリア朝に流行した英国でのジャポニスムをテーマに、英国の陶磁器のプレートの上に鎮座しています(*^^*)



当時の英国では、どんなふうに楽しまれていたのかしら?と想像するのも楽しいですね。

英国建築の建物に日本のお雛様♪
これが不思議とマッチしているのですよねー。



この空間にいられてお雛様たちも喜んでくれていると良いなぁ。

しばらくの間、お雛様との和やかなティータイムをご一緒に楽しんでくださいね(*^^*)
[ 2018/02/23 23:19 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

夜の灯りを楽しむ♪ 

お日様の明るい光は大好きなのだけれど、蛍光灯で照らされすぎた灯りは、眩しい…と感じてしまうこの頃。

サロンも自宅も温かな電球色の灯りばかりだからかな…。



特に遅い時間には、間接照明としてのテーブルランプを灯してのお楽しみがお気に入り。

サロンのようにロブマイヤーのシャンデリアをお迎えするのは難しいのですが…。

我が家の家宝として数年前にやってきたロブマイヤーのテーブルランプ、ブラケットランプは大活躍してます(*^^*)



あえて、このランプだけをつけていたりすることも♪なんとも言えない幻想的な演出になります。



最近は、サロンを参考にテーブルランプをダイニングテーブルの上に置いているので、ティータイムやらお食事のときにも灯して過ごすのも気に入ってます。
自宅がレストランみたいーと盛り上がってます。

今まで以上にダイニングでの時間も楽しくなりました(*^^*)

なんてことばかりしてるから、ついつい夜更かし生活になってしまうのかしら…?
今宵もこうした灯りに癒されて…♡♡♡
[ 2018/02/06 23:04 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

キャビネットをヴェールでおめかし♪ 

年末まで、我が家のツリーの飾りに一役かってくれていたウェディングヴェール(*^^*)

大きなレース変わりに使えて、とっても良いとお気に入りのアイテムに♪

なので、ツリーをしまう際に、ヴェールは別の形でどこかインテリアに使おうと…。

ヴェールを持って部屋をウロウロ。



結果、落ち着いた先がガラス張りのキャビネット。

こちらにかけてみました♪

しばし、この場所で目を楽しませてもらうことにしました。





ヴェール越しに見るティーカップやアンティークシルバーの雰囲気もなかなか乙なもので、より気に入ってしまいました(*^^*)

みな、我が家にお嫁入りしてきた大事な子達ばかりなので、ある意味、このキャビネットの中身は、お嫁さんみたいなもの(笑)。

ヴェールも似合うはずです♪ということにしておきましょう〜。
[ 2018/01/11 09:15 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

夜の灯りを楽しんでます♪ 

今の時期は、自宅でもクリスマスツリーを愛でながら楽しむひと時を大切にしています(*^^*)

期間限定ですからね♪

お部屋のメインのシャンデリアの灯りは消して、間接照明とツリーのライトで楽しむことも。



幻想的〜と自己満足の世界に浸ってます。

暗すぎてあまり写真では綺麗に見えないかな…。

昼間はお日様の光で明るいほうが好きなのだけど、夜は少しくらい暗めなほうが良いのです♪



テーブルの上には、ツリーと教会の木製のオブジェ。
こちらは電池式で灯せる小さな電球が入っていて、仄かに照らしてくれます(*^^*)

こうした灯りを見て、心を落ち着ける時間…。
やはり必要ですね(*^^*)
ささやかな癒しのひと時です。

[ 2017/12/10 02:08 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索