Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

お家でクリームティー♪ 

先週は半袖を着ていたような…。それに比べてここ数日の寒いこと。
なんだか秋の訪れの前に冬が来ちゃいそうな雰囲気ね。

ただこう肌寒いと温かい紅茶の出番は多くなりますね(*^^*)



ということで、先日はお家でクリームティーを楽しみました♪

スコーンとミルクティーの組み合わせは王道な美味しいさ。



クロテッドクリームにイチゴジャム。
ちょうど千疋屋さんの究極のジャムというスペシャルなジャムをいただいていたので、ありがたく合わせました♪

イチゴジャムって、なぜに見た目も可愛らしいのでしょう。

ちょうどイギリスのデボンからいらしたお客様、アンティークディーラーのウィルク弘美さんからも、デボンのクリームティーについてお話を伺ったばかりだったので、よりテンション高く楽しめました♪



クロテッドクリームとミルクティー、美味しい上に身体も温めてくれて…。

これからの季節にはぴったり。
ますます出番が多くなりそうです(*^^*)
[ 2017/10/17 09:42 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウィーンプロダクツ2017♪ 

昨日、ウィーン大使館で開催されたウィーンプロダクツのイベントにご招待いただき伺ってきました。

しかもアンティークスヴィオレッタの青山櫻さんと一緒に♪
ウィーンの舞踏会ツアーやマナー研修ツアーなどに訪れ、ウィーンにも精通なさっているので、一緒に楽しませてもらえて光栄でした(*^^*)

ウィーンといえば、大好きなロブマイヤー、アウガルテンの素晴らしい作品を拝めます♪



今回もアウガルテンは、ウィーンよりペインターさんが来日されて、ずっとデモンストレーションされていました。
見惚れてしまいました♡



ウィーンフラワーのお花のシリーズ12種類が描かれたプレート、欲しいですね〜。いずれ販売されるかも⁈



2019年には創業300周年を迎えるアウガルテン。そちらに向けて新たな商品展開も♪
マリアテレジアの変化版の「テレジア2.0」。なんとアウガルテン初のディッシュオッシャー対応とか。今までの伝統を引き継ぎつつも時代の流れにも対応していく…ということなのかしら?



日本の伝統工芸、京薩摩とのコラボ作品は、とーっても素晴らしかったです。
よーく見るとビーダーマイヤーのモチーフのお花が描かれているのですよ。

そしてロブマイヤーは、相変わらずの芸術品。



キラキラ輝くシャンデリアは、ホテルザッハに掲げられているもの。
やはり一際輝いていました☆☆☆



憧れのシェーンブルンのグラスたちも♪
素晴らしいカッティング技術に惚れ惚れです(*^^*)

なんと可愛らしい女性のバーテンダーさんがオリジナルカクテルを作ってくださり、ロブマイヤーのグラスとアウガルテンのボウルでサービスしてくれるコーナーも。
使いたいがために、アルコールを軽めにして作っていただきました。
デンメアの紅茶とワインをベースにしたティーカクテルでした(*^^*)

紅茶とアルコールのコラボがバーテンダーさんの世界にも広まっているようで、嬉しかったです♪



そして、クリムトとベーゼンドルファーーのピアノのコラボは、鳥肌がたつほどでした(*^^*)
黄金のクリムトの絵がピアノに…。
そして生演奏付き♡なんとも贅沢〜。



と夢のような世界でした。

他にもジュエリーやバッグなど手作りを大切にされているウィーンの芸術品たちもたくさん拝見させていただいてきました。

芸術を愛するウィーンの世界が一同に会した素晴らしい演出の数々でした。

ご招待いただき本当にありがとうございました(*^^*)
やっぱりウィーンも行きたいなぁ…♪
[ 2017/10/14 22:23 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

丁寧に淹れたアイスティー♪ 

平日の午後のアイスティーのレッスンの一コマ♪
ここ数日、急に夏日のようなお天気となったのでまさにアイスティー日和でした。

少人数でのレッスンでしたので、一つ一つ確認しながら丁寧にご説明しながら進めていきました。



その甲斐あってこんな綺麗なアイスティーを楽しむティーテーブルが完成しました(*^^*)

ダージリンファーストフラッシュとキャンディの茶葉で淹れたのですが、しっかりとお色の特徴もでていますね。
ワイングラスに注いでいるので、白ワインと赤ワインのようにもみえちゃいますが(笑)。
何より、きちんと産地の茶葉の香り、味がすると感激してくれました(*^^*)

以前の「アイスティー徹底検証」のレッスンにて学んだ、提供する温度にもこだわる大切さもお話して実感もしていただきました♪



そしてさらにグレープフルーツの果汁を使用してのセパレートティーにもさらに感動〜と、アイスティーの新たな美味しさ、楽しみを見つけてくださったようです。

早速にご自宅でも淹れてみますと笑顔でお帰りに♪
お見送りする際の生徒さんのこうしたメッセージや表情は、とても励みになります。

きっとお家にあるグラスの活用の機会も増えることでしょう♪
いずれ自分で淹れたアイスティーが一番となること間違いなしです‼︎
[ 2017/10/13 02:55 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

アンティークプリントに囲まれて♪ 

本日から新マスタークラス「アンティークプリントから紐解く紅茶」のレッスンがスタートします(*^^*)



なので、サロン内の壁にはアンティークプリントが入った額がたくさん〜。

ヴィクトリア朝の方々に見つめられる日々です(笑)。



スペクテータ、ディ・イングリッ.シュ・ウーマンズ・ドメスティック・マガジン、イラストレイテッド・ロンドンニュース、グラフィック、、パンチ、ハーパーズバザー・・・などなど様々な歴史を現在に伝えてくれる新聞、雑誌の切り抜き。

18世紀、19世紀の紙ものが現存しているなんてまさに奇跡〜♪と思ってます。
サロン内では、なにか災害があった際には、こうしたアイテムを持って逃げるようにとの暗黙の了解があります(*^^*)

私たちも、今の雑誌や新聞をとっておけば100年後にはアンティークに?(笑)。



様々ありますが、各紙には顧客対象や拘りがそれぞれにあるものです。
それが記事の内容や挿し絵の雰囲気にも違いが現れているのですよ。

今回は、そうした背景などもご紹介しながら、描かれている絵も見比べていただけましたらと思ってます。
まさにChaTeaらしいマニアックな内容♪

しっかりと学んだあとには、とびっきりのティータイムが待っていますので、こちらもお楽しみに(*^^*)
[ 2017/10/11 09:22 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

紅茶の輪が広がりますように…♪ 

いらしてくださった皆様が、先日のシングルオリジンティーフェスティバルの様子をSNSでもたくさん記事にしてくださっているのを見て、とっても嬉しくなりました。



ChaTeaも茶葉、著書、F&Mのティータオルつきクリスマス雑貨などの販売をさせていただきました。

ブースのお飾りには、かおる先生に譲ってもらったインドのサリーが大活躍でした♪

通常はサロンのレッスンで篭っているので、こうしたオープンスペースでのアプローチは新鮮です(*^^*)

たくさんの紅茶好きさんとの触れ合い、とても楽しい1日でした。
シルバーのポットでいれた紅茶も好評で、「美味しい、良い香り」と嬉しい言葉もたくさんちょうだいいたしました♪




そして、今回タイミング良く入荷できたアールグレイティーの香りのもとになっている果実、ベルガモットの本物もご紹介できて、大好評でした。



名前は知っていても実物を見るのは初めて…と、興味を持っていただけました。
香料ではない、天然のベルガモットの香りは、本物に癒される香りです♪

シングルオリジンティーとあわせてのオリジンティーアールグレイティー、きっとご自宅で楽しんでいただけることでしょう(*^^*)

会場では、お久しぶりにお会いできた方もいらして、紅茶が繋げてくれているご縁にも感謝の日になりました♪
本当にありがとうございました。



合間に私も各ブースにお邪魔させていただいてシングルオリジンティーの試飲もいたしました。

各ブースの拘り、お茶への愛情をヒシヒシと感じました♪
そして試飲されている皆様の楽しげな様子にも間近で触れられて、本当に嬉しかったです。

私も紅茶ファンの一人として、紅茶の輪を広げるお手伝いを微力ながらさせていただけたことに感謝です。

シングルオリジンティーフェスティバルは、来年は一度お休みするとのことは残念ですが…。

紅茶好きの人がこんなにたくさんいること、そうした方々の思いが、今後の日本の紅茶の世界にも影響を与えていくことは確かなはず♪

そうした思いを繋いでくださった発起人の皆様には、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

ますますの紅茶愛、これからもサロンのレッスンを通してたくさん育てていきたいと思います♪

シングルオリジンティーフェスティバルの会場でお会いしたみなさま、次はサロンにてお会いできましたら嬉しいです(*^^*)
またお会いできるのを楽しみにしていますね。
[ 2017/10/09 21:56 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

明日はいよいよシングルオリジンティーフェスティバル♪ 

だいぶ涼しさを感じるお天気…。
こういう気候ですと、より温かな紅茶が恋しくなりますね(*^^*)

ふふ、そのほうが嬉しかったりもします♪

なぜなら明日は、紅茶の祭典「シングルオリジンティーフェスティバル」が開催される日ですから。

紅茶が飲みたい〜と思っていただけたほうが嬉しいのです。



ChaTeaも出店させていただきます。
お写真は昨年のブースの雰囲気です(*^^*)
華やかでしたねー。

シングルオリジンティーとは、生産者が明確で、かつブレンドや着香などの加工を施していない、 茶葉本来の個性を味わう紅茶です。

茶樹の品種や、 生育される土壌や気候などの環境、製茶の仕方の違いなどにより 多種多様なキャラクターが作られ様々な香りや味わいが楽しめます。

各出店者様のサービスする紅茶をすべてコンプリートしたら50種類以上のお茶が飲めることになるのですよー(*^^*)



私たちはChaTeaらしくシルバーのポットにてサービスさせていただきます♪

お気に入りのマイカップを持ってぜひ、ブースに遊びにいらしてくださいね(*^^*)

お茶の試飲、茶葉や書籍の販売、紅茶、クリスマスグッズの販売をさせていただいてます。



そして、今回、タイミングがあい摘みたてフレッシュなベルガモットの果実をご紹介できることに♪

ベルガモットは、アールグレイティーの香りのもとになっているフルーツの香り。

あまり本物を見る機会は少ないのではないかと思いますが、近年、日本でも生産ができるようになり、ここ数年サロンでは旬の時期に生徒さんたちと楽しんで参りました。
今回は、シングルオリジンティーにいらしてくださった方とも…と数量に限りはありますが、ベルガモットにあう紅茶と共に販売いたします〜。

本物のベルガモットで、ぜひオリジナルのアールグレイティーをご自宅で楽しんでいただけたら嬉しいです(*^^*)


2017/10/7(土)10:00~17:00
東京都立産業貿易センター 台東館6F

会場にて、たくさんの皆様にお会いできるのを楽しみにしていますね♪

https://sites.google.com/site/tfjofficial/home
[ 2017/10/06 22:32 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国王に想いを馳せて…♪ 

毎週日曜日のお楽しみのドラマ『女王ヴィクトリア』が終わってしまったので、なんだか物足りない気分…。

なので、ここは読書でもして英国王室に浸ることに♪



もちろんティータイムつき(*^^*)

というわけで、やはりティーセットも英国王室に関係するものにしなくてはと…セレクト。

このチャーチル窯の作品はイングリッシュヘリテージというシリーズのもの♪

周りに描かれているお花が英連邦王国の国花だというだけでもすごいツボだわ〜と思っていたのですが、さらに英国王室の居城がモチーフとなって描かれているのです。

しかもアイテム毎に違う場所なんですよ。



カップのソーサーはヴィクトリア女王の愛したスコットランドのバルモラル城。



ティーカップはウェールズ地方のカナーボン城。
こちらはプリンス・オブ・ウェールズの叙位式典が行われる場所。
ちなみに週末に放送された「天空の城ラピュタ」でパズーとシータが幽閉されたお城のモデルなのですって♪
ラピュタ好きな私には、ここも嬉しい偶然(笑)。



ケーキプレートには、戴冠式の行なわれるウェストミンスター寺院。



そして蓋付きのボックスにはヘンリー8世やメアリー2世の愛したハンプトンコート宮殿。

このティーウェアだけで、いろんな妄想旅ができてしまうほど(*^^*)

ブルー&ホワイトの器は我が家では珍しいのですが、この子たちはいろんな意味で特別なのです♪

また本のなかの登場人物と照らし合わせながら楽しむとより乙な気分。

ちょうど今週の木曜日から、早稲田オープンカレッジにて「英国王室のティータイム」のレッスンも始まりますので、より気分も高まりましたよー。

紅茶や紅茶文化を愛した英国王、王妃たちについてご紹介します(*^^*)

こちらでも楽しみにお待ちしています。
https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/41179/
[ 2017/10/04 02:14 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国王に想いを馳せて…♪ 

毎週日曜日のお楽しみのドラマ『女王ヴィクトリア』が終わってしまったので、なんだか物足りない気分…。

なので、ここは読書でもして英国王室に浸ることに♪



もちろんティータイムつき(*^^*)

というわけで、やはりティーセットも英国王室に関係するものにしなくてはと…セレクト。

このチャーチル窯の作品はイングリッシュヘリテージというシリーズのもの♪

周りに描かれているお花が英連邦王国の国花だというだけでもすごいツボだわ〜と思っていたのですが、さらに英国王室の居城がモチーフとなって描かれているのです。

しかもアイテム毎に違う場所なんですよ。



カップのソーサーはヴィクトリア女王の愛したスコットランドのバルモラル城。



ティーカップはウェールズ地方のカナーボン城。
こちらはプリンス・オブ・ウェールズの叙位式典が行われる場所。
ちなみに週末に放送された「天空の城ラピュタ」でパズーとシータが幽閉されたお城のモデルなのですって♪
ラピュタ好きな私には、ここも嬉しい偶然(笑)。



ケーキプレートには、戴冠式の行なわれるウェストミンスター寺院。



そして蓋付きのボックスにはヘンリー8世やメアリー2世の愛したハンプトンコート宮殿。

このティーウェアだけで、いろんな妄想旅ができてしまうほど(*^^*)

ブルー&ホワイトの器は我が家では珍しいのですが、この子たちはいろんな意味で特別なのです♪

また本のなかの登場人物と照らし合わせながら楽しむとより乙な気分。

ちょうど今週の木曜日から、早稲田オープンカレッジにて「英国王室のティータイム」のレッスンも始まりますので、より気分も高まりましたよー。

紅茶や紅茶文化を愛した英国王、王妃たちについてご紹介します(*^^*)

こちらでも楽しみにお待ちしていますね。

https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/41179/
[ 2017/10/02 02:37 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

女王ヴィクトリア〜愛を語る〜 

いよいよ本日は、ヴィクトリア女王をテーマにしたマスタークラスの最終日♪

本日はよしこ先生が担当してくれます〜(*^^*)
よしこ先生もかなりの英国王室オタクですから(笑)。以前、キャサリン妃が結婚された際にロイヤルファミリーについて語らせたら、長いこと…。

なので、今回レッスンを二人で担当するので、打ち合わせをする際もとーっても楽しかったのです。



お互いに持ってる小ネタもすりあわせて(笑)。なんてことしてたら、みどり先生に時間オーバーになっちゃうからとやめなさいと突っ込まれちゃいました。

きっと穏やかにヴィクトリア女王への想いを語ってくださることでしょう〜♪

ドラマのタイトルは『女王ヴィクトリア〜愛に生きる』でしたが、『愛を語る』がレッスンのサブテーマとしてはぴったりなのではないかしら?



そんな気持ちを察してか生徒さんより、まさに「ヴィクトリア」とお名前のついたお菓子の差し入れもいただきました(*^^*)

レッスンにあわせて…とのとっても嬉しい心遣いでした。
このあと、よりテンションがあがったのは言うまでもありません。

ヴィクトリアに捧げるティータイムとして、ヘレンドのヴィクトリアシリーズのティーセットで楽しませていただきました。

レッスンを通してヴィクトリア朝という長い時代を女性として統治していったヴィクトリア女王の魅力が少しでも、伝わりファンが増えたら嬉しいなと思います。

そしてぜひドラマのシーズン2が放送されるように熱い思いを拡散するのにご協力ください〜(笑)。

またご一緒に楽しめることを願って…☆
[ 2017/09/30 12:35 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

新茶のウバだからこそとっておきのポットで♪ 

待ちにまったスリランカより旬の紅茶ウバがサロンに到着〜♪

2017年の新茶はナヤベッテ茶園より(*^^*)

サリチル酸メチルの着香問題が取りざたされるウバ地区の買い付けは、どうしても慎重にならざる得ない中、現地の仲介人の方が、何度も様々な茶園に足を運び、その上でオークションで落札した逸品です。

キリッとした飲み口、優しい香り、今年のウバはとてもエレガントで、まずは一口飲んで息をスーッと吸いたくなります(笑)。



サロンでは、届いてすぐにいただいたのですが、やはり自宅でも(*^^*)

まずは、夫に茶葉当てクイズからスタートでした(笑)。



そしてせっかくの新茶ですからとっておきのポットでとお気に入りのシルバーのポットで注ぎましたよ。

これだけでテンションアップ♪
そして、このポットが茶葉当てのヒントになり、なにか特別なのかもと、もしかして新茶なのだともわかったようですよ。



ウバにあわせてチョコ系、マロン系のクレープのスイーツも用意。

新茶の到着は、いつも以上にお茶の準備も楽しくなりますね(*^^*)

そして毎年、こうした美味しい新茶に出会えることに感謝です。
サロンではもちろん、ネットショップにて販売しておりますので、ぜひティータイムにお楽しみくださいね(*^^*)

http://tea-school.com/shop/12ceylon.htm
[ 2017/09/30 00:12 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索