Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

春を先取りティータイム♪ 

なんて可愛いケーキなのかしら〜と箱を開けた瞬間から、テンションアップ♪



ピンク、ハート、イチゴでラブリーテイストてんこ盛り(*^^*)

これを夫がお土産で買ってきてくれたというのが、なかなか楽しい〜。
これぞインスタ映えってやつですね(笑)。



こちらもら可愛いですよね♪

こうしたケーキたちですから、やはり可愛い世界で楽しまないと。

エインズレイさんの春を感じるシリーズ、チェリーブロッサムをセレクト。

桜のピンクとケーキの色合いもぴったり♪



テーブルの上に一足早く春がやって参りました♪
お花見気分(*^^*)

これから春が近づくと、こうしたパステルカラーのケーキが増えてくると思うので、個人的には嬉しい〜。

そしてもう少ししたら、インド、スリランカから春の新茶も届きはじめるので、ペアリングもまたまた楽しみです♪ワクワクしながら、待ちましょう〜。
[ 2018/02/21 09:43 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

眩いばかりのロブマイヤー のグラス♪ 

ここ数日レッスンで、テーブルに並んだ姿、生徒さんが使っている姿を見るたびに美しい〜と毎度、毎度、感嘆の声をあげてしまっています(*^^*)



見ているだけで癒される…というのは、まさにこのこと♪

こちらのロブマイヤー のグラスは、先日のロブマイヤーの天野さんにいらしていただいて、イベントをした際にご紹介くださったもの。

こちらのグラスのシェイプは、なんと『バロック』とネーミングがついているとのこと。
まさにマスタークラスで取り上げるテーマにぴったり!とのことで、サロンにもやって参りました(*^^*)

しかもこちらの装飾が施されたものは、『ベルベデーレ 』シリーズと、これまたレッスンで紹介する建物のお名前と、まさに運命的な出会い♪



さらにこちらも♪

装飾性が豊かで、重厚感たっぷりなこちらもアンティークのロブマイヤー (*^^*)
12面カットの形状のグラスに、全面に装飾を施すなんて、どんな技術力なのでしょう〜と、使うたびにじっくりと見てしまいます。

この豪華さが、まさにバロックの雰囲気なのですよねー。



まさに宮殿にいるような気持ちにさせてくれます(笑)。

なんともゴージャスで贅沢なティータイム。このグラスは、時代とともにさまざまな方の手から、サロンへとやってきたはずですが、きっと、今まででら一番美味しいアイスティーが注がれているのでは…と思ってます♪(って、今まではワインかな)

この眩い世界、たくさんの皆様と楽しめて、幸せです。グラスも喜んでくれているはずですね(*^^*)
[ 2018/02/20 09:20 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴージャスすぎるティーテーブルに大興奮♪ 

マスタークラス「バロック朝のティータイム」のレッスンが無事にスタート♪

レッスンのテーマにあわせて、サロンのインテリア、テーブルコーディネートを考えるのですが、今回のは特にゴージャスなのでは〜と、自分たちでも大興奮、大感激しています(*^^*)



コーナーに飾られた陶磁器たち♪
バロック朝の人びとの暮らしを思わせてくれるものたち。

これらを使っていたのは、どんな人だったのか、どんな暮らしをしていたのか…、一つの作品からいろいろな想像がふくらみます(*^^*)



そして、そんな時代をテーマにティータイムを…と思ったところ、なんとも豪華でキラキラすぎる世界が出来上がりました♪



タイプの違う2つのテーブルを作っているのですが、どちらもこれでもか〜というくらいに‼︎

ティーウェアたちも、自ら輝いてくれているようにも感じます。

バロック朝は、絶対王政という王の威光、威厳が重んじられた時代ですから、多少の威圧感は、その時代ならではのもの♪

そんな雰囲気を感じていただきながら、王族になった気分でご一緒に楽しんでくださいね(*^^*)

しっくりくる〜という方は、バロック時代は宮殿でお暮らしになっていたのかも(笑)。
[ 2018/02/16 20:09 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピンクづくしのティータイム♪ 

バレンタインdayは、SNSでたくさんの美味しそうなチョコレートや可愛らしいティータイムのお写真をたくさん拝見して、なんだかハッピーな気持ちになりました♡♡♡

こうしたイベントは大好き♪



我が家は、バレンタイン当日はお互いに帰宅が遅くなりそうだったので、一足早く楽しんでおきました(笑)

テーマは『ピンク』でテーブルセッティング♪



テーブルウェアフェスティバルにて、お揃いのティーセットでのコーディネートって、やっぱり良いわあと感化されたのもあり、アンティークのミントンのティーセットを並べて楽しみました(*^^*)



ティーセットだけではなく、ティーフードもピンクー♪とピンクづくし(*^^*)

夫へ…というより、私のためのような気もしますが(笑)。
お互いが美味しく楽しめたのでよしとしましょう〜。

我が家の夫も、いくつかチョコをいただけたようですので、また後日そちらも楽しむことにしましょう♪しばらくは、チョコの甘い香り漂うティータイムが増えそうです(*^^*)
[ 2018/02/14 23:18 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

テーブルウェアフェスティバル2018へ♪ 

毎年、この時期になると東京ドームにて開催されるテーブルウェアフェスティバル♪

今年も楽しみにしておりました(*^^*)
サロンでも生徒さんとも、たくさん話題にのぼってます。

今年は『英国 -Style of Life-』とのテーマの展示もあるので、洋食器だけではなく英国、紅茶好きなどいろいろな角度からも楽しめてしまいます♪
英国ということでティーセッティングも多いですからね♡



まずは英国のスポードとエインズレイ♪
英国といっても、演出する世界が違うので面白いですね(*^^*)



さらにウェッジウッドとロイヤルクラウンダービー。
こちらはどちらもシックで大人な雰囲気。
昨年末に食器に描かれるモチーフの格についてもお勉強したので、今年はそちらにも注目して拝見もしてみました。
普段でしたら、花柄の写真が多くなりますが、こうした神話に馬の絵柄もじっくりと見てしまいました。
なので、今年は展示ブースを見るのもお時間がかかりました(笑)。



ヘレンドとロールセリニャックの世界観は、わかりやすいとは思いますが、私のツボにはまりました♪

テーブルウェアフェスティバルに行く前から、この2つのブースについては、インスタのフォロワーさんの投稿でたくさん見てました(*^^*)

実物を見て、やはり揃った姿は圧巻と感激。
そばにいらしたスタッフの方ともお話させてもらって、盛り上がりました♡♡♡



こんなティーウェアでおまねきされたい〜。



そしてお花好きな私としては、お花のアレンジメントも気になるところ。
今年は中央スペースのガーデンコーナーの世界が好きでしたねー。

春になったら、我が家のお庭もお花でいっぱいにして囲まれなかでお茶したい気持ちがムクムクと。
そのために、きちんとお手入れしなくてはとやる気もでました(*^^*)



陶磁器だけではくグラスコーナーも大事♪

先日、サロンでレッスンをしていただいた際にも、シンプルだけど豪華…と伺っていたロブマイヤーのコーナー。
見て納得♪ブースに惹きこまれていきました(*^^*)

天野さんのいらした販売コーナーには、目の高さにシャンデリアが!こんな間近で…と思わずパチリと。

「フローラル」なんて、またまた素敵なネーミング。
一緒にいた夫に素敵だねー、我が家に似合うね〜と訴えておきました(笑)
夢見るのは自由ですからね(*^^*)

とご紹介したのも、ほんの一部ですが…。
今年もたくさん楽しませてもらいました。

自分の知識が増えることで、より楽しめるようになっているのも実感しているので、また来年、さらに楽しめるようにしっかりと学びを深めていかなくては…、いろいろなアンテナをはっていかなくては…と思います。

こちらにお出かけになった皆さんと、お気に入りのブースやお迎えした戦利品などのお話でも、盛り上がれたら嬉しいです♪
またサロンで、よろしくおねがいしますね(*^^*)
[ 2018/02/11 23:37 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダウントン・アビーをテーマにセミナー♪ 

先週よりスタートしている早稲田オープンカレッジでの外部セミナー。

「ダウントン・アビーで紐解く英国貴族の生活」。



ダウントン・アビー好き、英国好きな方がたくさん集まってのレッスン。
シーズン6まですべてご覧になっている方が9割と、なんとも嬉しい♪

なので、みどり先生が紹介するドラマのシーンにも、皆さま頷きながらメモをとられています(*^^*)
今週の2回目は、上流階級の生活がテーマでしたので、より盛り上がっていました(*^^*)



途中でサービスする紅茶も美味しかったと笑顔と共に嬉しいメッセージも♪
今回は、ミルクティーをミルクインアフターの上流階級の入れ方にしました(笑)。



途中で、ダウントン・アビーの登場人物の人気投票も♪
ダントツでバイオレットおばあさまでした(*^^*)
続いてメアリーと。やはり貴族が人気♪

ご紹介したダウントンベアも好評♪
(左から バイオレット様 メアリー コーラ)

これからレッスンを進めていくと変わるかしら?(笑)。

登場人物、カントリーハウスでの生活、時代の変化、階級意識などなど…、ほんとダウントン・アビーはいろいろな楽しみのあるドラマ。

私もまた改めて、その魅力にはまってます(笑)
あと2回、後半のレッスンもどうぞよろしくお願いします♪
[ 2018/02/09 23:31 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

深夜にクリームティー♪ 

夫がスコーンを食べたいと、ティータイムのリクエスト♪
幸いにストックがあったので、いそいそと準備(*^^*)

とは、言いながらも夕食もしっかりと食べたあとのアフターディナーティー…。



なのにこんなにしっかりと‼︎
しかも実は23時過ぎ…(笑)。

なんてことは気にせずに、たっぷりのクロテッドクリームとイチゴジャムをのせて。



今回はクリームファーストのデボン式で♪

聞いたことのある方もいると思いますが、英国ではスコーンの食べ方について、クリームを先に塗るか、ジャムを先に塗るかの討論があるのです。

主にクロテッドクリームの名産地であるデボンとコーンウォール地方でのこと。
それぞれに言い分があるようですが、「クリームファースト」のデボンは、クリームが先のほうがたくさん塗れる、「ジャムファースト」のコーンウォールは、クリームは誇り、ジャムでクリームを隠すなんてもってのほか…などそれぞれのこだわりが見られます♪

私はその時の気分で(笑)。



クリームもたっぷりでしたので、お腹いっぱい〜と言いながらも、やはり食べちゃえる不思議さ。

紅茶は、さっぱり系の代表、ウバをセレクトしました(*^^*)これは大正解でした。

イチゴジャムにあわせて、器もウェッジウッドのワイルドストロベリー♪

サロンのレッスンに負けずに自宅でもウェッジウッド祭りでした(*^^*)

深夜とは思えないボリューミーなティータイム、大満足でした♪まぁ、たまには良いでしょう〜。
[ 2018/02/05 23:19 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウェッジウッドのお宝がたくさんのサロン♪ 

マスタークラスのレッスンにあわせての模様替えは、毎回ワクワクドキドキの嵐♪

みどり先生の本物を生徒さんに見ていただきたい、触れてもらいたいとの信念のもとコレクションされたアイテムの数々がお披露目されるのですもの。

今回のウェッジウッドの講座にあわせて登場してきたものも興奮するものばかり(*^^*)



ウェッジウッドの名を世界に知らしめた作品、フロッグサービス♪ロシアの女帝エカテーナ2世に捧げられたものの復刻版です(*^^*)
今回はすべて風景の違うプレートを飾ってます。エカテーナが憧れたイギリスの風景、じっくり愛でてくださいね。



そして、私自身サロンにあることにびっくりしているのが、ポートランドの壺!!なんと19世紀末のもの。本来、美術館などに並ぶもののはず。
昨年、イギリスで大英博物館やV&Aミュージアムに並んでいるのを見たので、より感激♪



さらには初代ジョサイア・ウェッジウッドが行なっていた奴隷解放運動のシンボルでもあった奴隷解放メダリオン。
まさにジョサイアが生きていた時代18世紀後半のものなのです。なんて素晴らしいことでしょう。



と貴重な作品をはじめ、ウェッジウッドの歴史や人柄を表現するのに欠かせないアイテムがサロンを飾っています(*^^*)



あちらもこちらも…と気になるものばかり。

デパートに並ぶウェッジウッドの作品とはかなり違うマニアックなものばかり(笑)。

ですが、知れば知るほど愛着がわいてきてなくてはならないもの♪と思えてくるはず。
ぜひ、サロンでたっぷりと愛でて楽しんでくださいね。



もちろん、ティータイムにはお好きなウェッジウッドのティーカップをお使いくださいね〜(*^^*)

お話を聞いたあとだと、また好み…とは違うセレクトになるかもしれませんよ♪
[ 2018/02/03 22:03 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ご貴族様の気分で♪ 

気分の上がるティータイム♪
ってご褒美のような時間も大切ですよね(*^^*)

サロンのレッスンはお休みでしたが、取材や早稲田オープンカレッジのレッスンの準備等でサロンでお仕事。
一休み…しましょと、私がお茶を淹れている間に、みどり先生がテーブルセッティングをしてくれました(*^^*)



イナムラショウゾウのマロンケーキとチョコという茶系だけの色合いのスイーツも、とっても華やかに変身〜。

私にとってイナムラショウゾウのおやつは、特別な感じもするので、まさにこうした演出もぴったり(*^^*)

さらに早稲田でのレッスンは、英国貴族が登場するダウントンアビー がテーマですから。

ティータイムは、やっぱり貴族気分で…ということかしら?



金彩と濃紺の組み合わせの食器は、やはり見た目も豪華ですよね(*^^*)

ダウントンアビー には、さまざまな階級の人びとが登場しますが、わたしはいつでも自分は貴族に投影して見ています(笑)。
想像するのは自由ということでお許しください〜。

今回の早稲田でのレッスンは、42名様とたくさんの方が参加してくださるとのこと。
ダウントンアビー ファンの皆様とお会いできるのかと思うとワクワク&ドキドキします。
私はティーレディとして参ります♪

全4回のレッスンとなりますが、お会いする皆様どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)
[ 2018/01/31 01:22 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

器にあわせてのお菓子選び♪ 

もうすぐ1月も終わりますね…。ほんのすこし前までは、明けましておめでとうございます…なんて言っていたのに。早いですね〜。

今月は、サロンにやってきたロブマイヤーのシャンデリアのおかげで、上を見上げその美しさに癒される日々でした。

そして、ティータイムもシャンデリアのネーミング『マリアテレジア』にちなんでアウガルテンのマリアテレジアをはじめとした作品での時間が多かったですね(*^^*)



先日は、そんな想いが通じあい生徒さんから、マリアテレジアをイメージしたお菓子をいただきましたよ♪

鶴屋吉信の「松の寂」。

HPによると『音もなく降りしきる雪を透かして眺める樹林、雪中松柏の景を干菓子にうつしました。雪中松柏とは、寒さが厳しい雪のなかでも松や柏の葉の緑色は変わらないことから、時代の流れに左右されて志や節操のないことはしないこと』を表しているのだそう。



お菓子の色合いだけではなく、こうした凛としたイメージも女帝マリアテレジアに通ずるものを感じます♪

マリアテレジアも信念の強い人でしたものね。

生徒さんの嬉しいお心遣い使いから、また新たに気持ちも引き締まりました(*^^*)
このお菓子に負けない一年にしなくては…ですね。
[ 2018/01/30 08:59 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索