FC2ブログ
Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

タイニートリアさんの英国菓子🎶 

英国好きの方たちに大人気のティールーム、タイニートリアさん🇬🇧

毎月のテーマ毎のアフタヌーンティーも、投稿されている記事を拝読するたびに良いなあ、美味しそうだなぁと😆

今年も英国展パート2に出店されていたので、これはぜひに〜と。

夕方だったので、あるかなぁとドキドキでしたがかろうじて出会え、ラッキーでした。
キャロットケーキは、最後の一個👌

20190917015129f43.jpeg


キャロットケーキも英国菓子の定番の名前ですが、各家庭、ティールームによって、レシピはさまざま。
(スコーンのレシピがたくさんあるのも一緒ねー)

2019091701513669b.jpeg


私もお仕事柄、いくつかのお店のものをいただいていますが、今回初のタイニートリアさんのは、かなり好みでした。
生地の食感、甘み、クリームなどのバランスが好き💕
オーナーさんは、英国のティールームをたくさん訪れ、とても研究熱心な方。
どんなレシピを参考にされたのだろうなぁ😆


また食べたい〜なんて思っていたところ。

20190917015122d36.jpeg


サロンでも。同じく英国展に行ったりつえ先生が買ってきてくれていました🎶

美味しいものは何度食べても嬉しい💖

これまた、英国展で出会った英国紅茶のブレンドティーと合わせたので、気分は英国旅行〜🇬🇧🇬🇧🇬🇧

201909170151137be.jpeg


お店の顔とも呼べるヴィクトリアサンドイッチケーキも、卵の風味が感じられて最高と、大満足。

英国展も終わってしまうし、これは人気のアフタヌーンティーにも、ぜひに訪れねばですね❤️
[ 2019/09/16 23:05 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ランガムホテルのスコーン🎶 

英国展でも大人気、連日行列のランガムホテルのスコーン😊

英国の味を自宅で楽しめるって、嬉しいことですよね🎶

20190908231356f58.jpeg


ホテルのスコーンというと小ぶりなイメージなのですが、こちらのはかなり大きめ。
でも、触覚はふわふわと軽めでペロリと食べてしまいました💖

こちらは、生徒様が私たちに😊と差し入れでいただいたもの。

サロン外で、私たちのことを思い浮かべてくれることが、嬉しいですね。

201909072335340fb.jpeg


お心遣いありがとうございます🎶

ヴィクトリア女王に捧げながら、いただきましたよー。

そして、ランガムホテルは、シャーロック・ホームズの作者、アーサー・コナンドイルが『四つのサイン』の執筆依頼を雑誌社から受けたホテルなのだそう👌
オスカー・ワイルドも同じ雑誌社から依頼を受けて、『ドリアングレイの肖像』も執筆しています。

そんな文学好きな方には、聖地とも呼べる場所ですね。

20190908232506215.jpeg


こちらの本にそんなエピソードが紹介されています🎶

ヴィクトリア朝が教えてくれる英国の魅力

ヴィクトリア女王、アフタヌーンティー、ウィリアム・モリス、シャーロック・ホームズ、ヴィクトリアアンハウス、V &Aなどなどヴィクトリア朝好きには、ツボなエピソードがたくさんなので、ぜひに🎶

20190907233521974.jpeg



おかさまで、美味しい紅茶とスコーン、そして愛読者を片手に優美なひとときを過ごすことができました。

ごちそうさまでした😊

[ 2019/09/08 23:32 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

紅茶とファッションをテーマにした展示会🎶 

微力ながらお手伝いをさせていただいていた展示会の準備が少しずつ形になってきており皆さまへのご案内もオープンになりました🎶

ご縁を頂き、神戸ファッション美術館で11月23日(土・祝)~2020 年1月19日(日)の会期で開催される『アフタヌーンティーのよそほひ~英國紅茶物語』展にChaTeaが協力させていただくことに。

20190809224732d38.jpeg


サロンからは300点近いお品が、貸し出しされることになっております。

そして、サロンの子たちとファッション美術館所蔵の貴重なアンティークドレスとがコラボしての展示がなされる予定です。

紅茶の文化・歴史、そしてファッションと陶磁器の連動性がテーマになっています😊

「1章」は英国紅茶の歴史(17世紀~戦後まで)

「2章」はアフタヌーンティーのはじまり

「3章」はヴィクトリア朝大衆に広まった紅茶文化

「4章」はアフタヌーンティーの装い

20190809224725444.jpeg


先日は、チラシやポスター等で使用する作品の撮影も行われました。

9月末頃にはチラシも完成しご案内できるかと思います。

私たちにとっても初めて経験することばかりなので、よりよいものにできるようにしっかりと準備して参りたいと思います。

まだ先のことですが、ぜひ予定をあわせて足を運んでいただけましたら幸いです💕
[ 2019/08/09 22:59 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

新刊が本屋さんに〜🎶 

無事に出版されたお教室の新刊『ヨーロッパ宮廷を彩った陶磁器 プリンセスたちのアフタヌーンティー』。

20190730090922051.jpeg


我が子のように思える本がこうして世に出たこと、本当に嬉しい🎶

お教室のレッスンでも取り上げてきた、時代様式と陶磁器に絵が描かれるデザインの流行、モチーフの意味などの関連性をテーマに、どんな場所でどんな方に、どんなふうに楽しまれていたのか17世紀から19世紀までを中心にご紹介しています😊

陶磁器好きな方はもちろん、ヨーロッパ、宮殿、旅行、王侯貴族、紅茶、絵画好きなどなど、いろいろな好きを感じていただけたら嬉しいです。



20190730090909705.jpeg


ついつい、本屋さんに寄っては、探してしまいます(笑)。
そしてニンマリ。

こそっと撮影〜。

20190730090859490.jpeg


出版しても本屋さんにこうして並ばない本もある…と聞いたこともあるので、この絵が見られること自体に感謝です。

棚の前で拝んでしまします🙏

お知り合いの方からも、あったよーとお知らせいただいたりと、本当にありがたいことです。

本屋さんで見かけましたら、ぜひに手にとっていただけましたら、幸いです😊

多くの方に愛される一冊になりますように✨✨✨

[ 2019/07/30 09:29 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

お花畑のようなティーテーブル♪ 

女性の憧れ、ピンク、お花などラブリーな世界観がギュッと詰まったティーテーブル💕

201907040203597e4.jpeg


こうした世界を見た瞬間に生徒さんのテンションがあがり、お部屋の熱量がアップするのもすぐにわかります〜🎶

個人的にも好きな世界。
私も一緒にお写真を撮らせてもらいました😊

こちらはベーシッククラスのティーパーティーの開き方のレッスンでの風景。

ザ・女子会💖

20190704020352ee6.jpeg


ピンクのティーセットは、ドイツのババリアのもの。

ババリアとは「バイエルン」のことですよ〜とお話したところ、すかさず「エリザベート」、「シシー」と反応してくださった方も(笑)
オーストラリア皇后シシーの出身地。

ひとつの言葉からお話が広がるのも嬉しいですね。

また絵付けも手書きで、ひとつひとつの絵柄がすべて違うので、皆で比べ合いもしてさらに盛り上がるという、なんとも素敵なひととき。

2019070402034516d.jpeg


20190704020339cd9.jpeg


ティーフードもエディブルフラワーでおめかしさせたので、テーブルの上にもお花がいっぱいでしたが、女子会トークの花もたくさん咲きました🎶


食器に描かれたお花、西洋のお花は絵柄としての格は低いのですが…。
やはり可愛いものは王道に可愛い💕

アフタヌーンティーだからこそ、楽しめてしまうモチーフ🎶

こちらの食器も期間限定のお披露目〜。

さてさてまたお次はどんな子が登場するか…。
またお楽しみに〜😆
[ 2019/07/03 23:32 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

お家時間の充実♪ 

今週末は食べすぎた…。
お食事ではなくスイーツね🎶

20190701004813bbf.jpeg


せっかく買ってきてもらったケーキを無下にはできませんからね〜。

20190701004827249.jpeg


深夜でも食べちゃいます(笑)。

201907010047524df.jpeg


そして梅雨で雨続きのお天気なので、お部屋のなかでのお楽しみアフタヌーンティーを💕
とルンルンで用意しちゃいました🎶

お買い物に行ったわけでもないのにアフタヌーンティーにピッタリなお菓子たちが揃っていたのですよね〜(笑)。

プレートに盛り付けて、二段スタンドに乗せただけなのにテンションあがりますね💕

20190701004801617.jpeg



梅雨の時期は、お家時間も増えそうですよね😆
もともとお家大好きな私ですが、しばしどうやって過ごそうかな〜と考えるのもまた楽し♪

梅雨のシーズン、美味しいティータイムもお楽しみのひと時に加えてあげてくださいね🎶
[ 2019/06/30 23:47 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

テーマを決めてティーパーティー フルーツ編♪ 

何度レッスンをしても、生徒さん達と一緒にいつもワクワクしてしまうベーシッククラスの「ティーパーティーの開き方」のレッスン♪

前半は大好きなヴィクトリア朝やアフタヌーンティーのお話をして、後半はパーティーの実体験🎶

20190417022401753.jpeg


ティーテーブルの設えをどうする?と事前に打ち合わせして😊

この日は、フルーツをテーマにしましょう〜と。

ヘレンドのフルーツコンポジション、ジノリのイタリアンフルーツとフルーツが描かれた食器を選びました💕

20190417022408e44.jpeg


一枚一枚に描かれているフルーツも違いので、それだけで会話も盛り上がります。
食器がトーキングアイテムです💖

20190417022346335.jpeg


そしてティーフードにもイチゴ🍓

ヴィクトリアサンドイッチケーキの間のジャムもラズベリーと、ベリーベリー👌

20190417022355f9c.jpeg


そしてイースターの際に食べるホットクロスバンズもなかにはレーズンと。

なにもかもにフルーツを使用😊

これぞフルーツ三昧、フルーツでのおもてなし🎶

今では身近になったフルーツですが、昔々は貴重なもので、富の象徴、ステイタスシンボル✨✨✨

一つのテーマからこうして想像が広がっていくのは、ほんとに楽しい瞬間です🎶

おかげで、生徒さんと素敵な時間を過ごすことができました💖
[ 2019/04/16 23:23 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロイヤルな気分でアフタヌーンティー 

ベーシッククラスのティーパーティーの開き方のレッスン🎶

レッスン前半は、座学でヴィクトリア朝に始まったアフタヌーンティーの文化、ヴィクトリア女王、家庭のなかでのおもてなし…などについてお話をさせていただき、後半は実際にティーパーティーをしながら過ごしています🎶

20190123021225f28.jpeg


先日のレッスンでは、ロイヤルクラウンダービー のロンバルディーの食器でコーディネートしました💕

みどり先生が年始にこちらの窯を訪れた時のお話も聞いたので、まさに私たちのなかでもより愛が倍増した子。

ミュージアムにも展示してあったのですもの🎶

その子を使ってティーパーティーだなんて、テンションあがりますよね😊

201901230212330f8.jpeg


ただ愛でるだけでも可愛く、素晴らしいデザインですが、それ以上の想いを感じます。

生徒さんとも食器についてお話しながら盛り上がりましたね。

20190123021217b05.jpeg


今回は、とてもクラシカルな路線のテーブルセッティング。

なので、皆でロイヤルな気分になって楽しみました💕

美味しいもの、美しいものを愛でながら、楽しい会話と共に…。

お茶を通して新しい世界が広がっていただく、そんな時間になっていたら嬉しいです。


20190123021239bdf.jpeg


こちらのロンバルディーの作品はウィンザー 城に納められた食器でもあるとのこと。


そんな話を聞いたら、ますます嬉しくなりますね💕
[ 2019/01/22 23:22 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

またまたタータン祭り〜♪ 

またまたサロンが早変わり♪

明日から二日間の期間限定のイベント、タータン専門家の奥田実紀さんをお迎えしての「タータンアフタヌーンティー」にあわせて、ディスプレイチェンジ。

20190118020110f1c.jpeg


一か月ほど前のクリスマスシーズンにも楽しんだスコットランドのタータンの世界。

クリスマスのキラキラが懐かしいですね〜。

201901180205119bf.jpeg


飾る場所、飾り方を変えるだけでまたまた新鮮な雰囲気に。

ツリーに飾っていたタータン柄のカップたち、今回はティータイムで登場しますよ💕

20190118020118b41.jpeg


201901180201049b2.jpeg


新入りちゃんのマグカップ、使っちゃいました♪

本日レッスンにいらした方もいるので、また変化したサロンにもビックリされるかな。

タータン祭り、短い間ですが楽しんでくださいね♪


20190118020124295.jpeg


そして、その後には三鷹で開催されている『タータン展』へGOがおススメです😊
[ 2019/01/17 23:00 ] インテリア | トラックバック(-) | コメント(-)

インドから英国へ〜♪ 

インドから帰国後、レッスンが続き出遅れた日本橋三越での英国展パート1。
行かれた方の投稿を見ながら、私も行きたーいと。最終日に参入することができました🎶

お目当の一つ、催事場とは思えない空間との噂のダルメインのアフタヌーンティーのコーナー(^^)

20180912015519be4.jpeg


ここが噂の〜と興奮しながらお写真を撮らせてもらいました♪
オール英国のアンティーク家具というなんとも贅沢な空間。

201809120155016e6.jpeg


そして暖炉の上のフォーカルポイントには、マーマレードのドールハウス♪

こんなお屋敷に住みたいーと妄想。

2018091201545323a.jpeg

またこうした会場にも絵画を飾るところ、鎌倉アンティークスのオーナー、土橋さんらしいな…なんて関心しました。(以前、英国のお部屋のインテリアには絵画が欠かせないとレクチャーをお聞きしたことがあるのです)

鎌倉 アンティークスさんプロデュースの世界観、お話に伺っていた以上でした〜🎶

20180912015510536.jpeg


私たちはこのあたりのテーブルでアフタヌーンティーを楽しませてもらいました。

2018091201544616d.jpeg


お時間が1時間と決まっていたのですが、もっと長く居たかったくらい。
見た目はボリューミーでしたが、甘味、塩味、酸味のバランスも良く、紅茶もほどよいタイミングで差し湯をいただいたおかげで完食できました♪

アフタヌーンティーにマーマレードは通常あまり登場しませんが、今回はダルメインのカントリーハウスにちなんで全てのフードにマーマレードが使われているという拘り。
そのおかげかさっぱりもしていて、良かったです(^^)

2018091201555990e.jpeg


アフタヌーンティーしながら、周りのアンティークたちも気になり…。なんと全て売り物(笑)。なんて上手な誘惑。

こちらは、また12日からスタートのパート2の販売ブースにてお目見えかしらね〜。

こうしてお腹も心も満たされた後は会場内をしばしウロウロ。
少しばかりお買い物をしたりと短い滞在でしたが満喫して参りました🎶

パート2は、また並ぶお店も変わるとのことですので、またまた楽しみですね〜♥️
もちろんこちらも参戦しますので、会場でお会いできましたら嬉しいです〜。
[ 2018/09/12 02:19 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索


FC2 Management