Admin

Treasure in my tea life

日暮里にある会員制の紅茶教室、「ChaTea紅茶教室」でスタッフとして働きながら、さらなる紅茶の世界をお勉強中~。「紅茶のある暮らし」が与えてくれた宝物・・・を綴っていきます♪
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

大英自然史博物館展へ♪ 

上野の国立科学博物館で開催中の大英自然史博物館へ行って参りました♪



こちらの展示会は、自然史博物館の初の海外巡回展とのこと。選びぬかれた約370点の至宝が世界を回るようです。日本では東京のみ…とのことで、かなり賑わっていました。
整理券まで配布されていましたよー。
(公式ツイッターで混雑状況は流れてるので、チェックできます)

化石、鉱石、動物の剥製、植物の標本などなど大英帝国が世界各国から集めた自然史コレクションたちが一同に♪



よくもこんな壊れやすそうなものを運び出してきたものだわ〜と感心してしまいました。

そんな中から、私のお目当は、18世紀に中国から運ばれてきた中国茶の展示。

これがある…との情報を知り、行かなくては〜と思いました(笑)。



大英博物館創設のきっかけになったハンス・スローン(彼の没後に約7万点ものコレクションが国に遺贈)が、東インド会社で働いていた軍医から獲得したお茶のサンプルをコレクションしていたと言われるもの♪

今から300年ほど前の中国茶が今もある…なんてワクワクしてしまいました。

実際にはとっても小さな展示なので、あまり立ち止まっている人もいなかったですけどね…。
フラッシュをたかなければ、写真撮影もOKなのも嬉しかったです。

1月に訪れた大英博物館を思い出しながら楽しんで参りました。

他にもカール・リンネやウィリアム・ハミルトン、チャールズ・ダーウィン、ジョセフ・バンクスなど、今までサロンのレッスンで紹介してきた紅茶の歴史などに関連のある人々についての展示もあり、個人的にツボな部分もありました(*^^*)

6月11日まで開催されていますので、ご興味のある方はぜひに訪れてみてくださいね♪
[ 2017/04/29 23:00 ] お出かけ | トラックバック(-) | コメント(-)

アウガルテンでアフタヌーンティー♪ 

先日のベーシッククラスの『ティーパーティーの開き方』のレッスンの際のテーブルセッティングには、ウイーンの陶磁器アウガルテンのテーブルウェアで楽しみましたよー。



ヴィクトリアサンドイッチもいつもよりおめかしさんに見えます(笑)。
みどり先生が中央に薔薇のお花を飾ったアイデア、素敵♪自宅でもマネしようー。



蓋つきのボックスのなかには、チョコレート。こうした器って、蓋を開ける瞬間のワクワク感がたまりませんよねー。



スクエアのプレートには、りつえ先生作の美しいサンドイッチが♪
綺麗に並んでおりますねー。
より上品度が増したような気がします。

もちろん、器もフードも生徒さんに大好評。トーキングアイテムとしても大活躍でした。



このレッスンが行われていた日は、サロンのインテリアがアウガルテン尽くしということもあり、テーブルセッティングもあわせてみたのです♪
どこを見てもアウガルテンだなんて、個人的にも幸せを感じてしまいました(*^^*)

一緒に楽しんでもらえて良かったです。

このあと、サロンのディスプレイ変えをしたので、今はまた違う景色が広がっていますので、ある意味、期間限定のアフタヌーンティーのひと時となりました。

さてさて、次のサロンの世界観もどうぞお楽しみに♪
アウガルテンに比べると華やかな印象になってますよ〜。
[ 2017/04/28 22:13 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

tamae

Author:tamae
紅茶が大好き♪紅茶から広がる世界に魅了され、紅茶教室のスタッフとして、さらなる紅茶の輪を広げようと頑張ってます。そして、洋食器やアンティーク、ヴィクトリアンな世界が大好きで、紅茶と一緒に楽しんでいます。

★当ブログ内の写真および記事の無断転写、引用はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索